ブルー御三家のひとつ、シャルトリューってどんな猫?その特徴や性格について。

フランス原産のシャルトリューという猫をご存知でしょうか?

シルバーの毛並みが美しく、少し青みがかっているのが特徴です。

7d1de32b903e25275b34a742b66cd86e_s_101419_081858_PM

温和な性格なので、初心者さんにもおすすめの猫ですよ。

気品溢れるシャルトリューについて、その歴史や特徴、性格をまとめてみました。

目次

シャルトリューの歴史

神秘的な美しさを持つ猫、シャルトリュー。

その歴史は古く、11世紀のフランスにまで遡ると言われています。

また、元フランス大統領の愛猫でもありました。

第二次世界大戦の時には、ドイツ占領下であったパリで、作家のコレットがシャルトリューを飼育して愛国心を示したと言われています。

この逸話からシャルトリューは、「フランスの宝」とも呼ばれています。

16世紀以降の文献や絵画にも登場するほど、有名な猫なんですよ。

18世紀には学術名が決まっていることから、猫種として認められていたようです。

第二次世界大戦中に絶滅しそうになりましたが、フランスの愛好家により生き延びることが出来ました。

しかし、今度は毛皮が高額で取引きされるようになると、再び絶滅しそうになります。

もはや純粋猫種としての復活は出来なくなり、異種交配によって個体数を増やしたのです。

日本に入ってきたのは、1970年代です。

シャルトリューの体の特徴は?

体重 ・・・ 3~6.5kg、寿命 ・・・ 12~15年

丸い顔と美しい被毛が特徴のシャルトリュー。

密生した被毛により、見た目の印象はかなりモフモフしています。

青みがかったグレーは、光沢もあり気品に溢れています。

手触りはウールのように柔らかいです。

ロシアンブルーやコラットと共に、「ブルー御三家」と呼ばれています。

骨格がしっかりしており、逞しくガッチリとした体格をしています。

丸い顔に低めの鼻、瞳はまん丸でとても愛くるしい顔をしています。

いつも微笑んでいる顔をしているので、「微笑みの猫」とも呼ばれています。

瞳の色は、ゴールドやオレンジ、カッパーです。

シャルトリューの性格は?

とても穏やかな猫なので、初心者さんも安心です。

大らかな性格なところも、飼育しやすい理由でしょう。

鳴き声は小さめで、大人しいです。

人懐っこく、飼い主と一緒に過ごすのが大好きです。

攻撃性が無いので、多頭飼育に向いていますよ。

小さいお子さんがいる家庭にもおすすめです。

最後に

「フランスの宝」や「微笑みの猫」と呼ばれるシャルトリューについて、歴史や特徴、性格をまとめました。

モフモフの被毛は、青みがかったグレーでとても美しく触り心地も良いです。

穏やかで人懐っこい性格は、初めて猫を飼う人や子供のいるご家庭にピッタリでしょう。

物覚えも良く、しつけもしやすいですよ。

きっと素敵な家族になってくれることでしょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる