MENU

子猫のような可愛らしさが人気!小型の猫、8種について。

猫って、どの種類も同じような大きさだと思っていませんか?

犬に比べると体格の差はあまりないものの、一応小型の種類が存在するんですよ。

大人になっても体重が軽いので、女性でも楽に動物病院に運んだり出来ます。

ここでは、体重が4kgに満たない品種を紹介します。

小さめの猫が好きだという人は、是非読んでみてくださいね。

目次

小型の猫種って、どれくらいの大きさなの?

猫にも品種によって体の大きさに差があります。

世界で一番大きいと言われているのが、「ハンライダー」というアメリカの猫です。

なんと、オスの体重が10kg以上になったりするそうです!

それに対して、世界で一番小さい猫はアフリカの「クロアシネコ」です。

こちらは1~2.5kgまでにしか育ちません。

大型の猫種だと、どうしても広い飼育スペースが必要となります。

日本の住宅事情では、大型の猫を飼育するのが難しい場合もあると思います。

そんな時は、今回紹介する2~4kgの猫種から選んでみてはいかがでしょうか?

ただし勿論個体差があるので、中型の猫くらいになる事もあります。

小型の猫には、どんな魅力があるの?

体がそれ程大きくならないので、家が広くなくても飼育する事が出来ます。

体重が軽いので、走り回っても大きな猫に比べて音が響きません。

また、ペット可のマンションやアパートでも体の大きな動物はダメなケースもありますが、小型の猫なら条件をクリア出来る可能性が高いです。

鳴き声も小さめなので、近所迷惑になりにくいです。

猫は犬に比べてあまり鳴きませんが、認知症になると夜泣きをする場合があるんです。

食べる量が少ないので、大型の猫に比べると餌代が少ないのも魅力です。

その分、プレミアムフードなど、質の良い餌を選んであげても良いでしょう。

災害時の避難や動物病院へ連れて行く時など、女性でも運びやすいのもメリットです。

それでは、小型の品種を紹介していきますね。

マンチカン

大人になっても、体重が2.5~4kgにまでしかなりません。

ギネスブックで「世界一体高の低い猫」に認定されたこともあり、その時の個体は体高が「13.6cm」でした。

なんでこんなに体高が低いのかと言うと、マンチカンの足はとても短いからです。

体の割に短い足が可愛らしく、世界中にファンがいる猫種です。

元々突然変異で生まれた短足猫で、その後様々な種類と交配して固定したそうです。

ですが未だに、純血種同士でも2割程度しか短足が生まれません。

好奇心旺盛でよく遊ぶ、可愛らしい性格をしています。

ミヌエット

体重2~4kgです。

先ほど紹介した「マンチカン」と、「ペルシャ」を交配させることで誕生しました。

昔は「ナポレオン」と呼ばれていた品種です。

ペルシャの豪華な被毛を受け継いでいて、気品たっぷりな外見をいています。

足はマンチカンの短足を受け継いでいるため、高貴な中にも愛嬌があります。

飼い主によく甘え、人間や同居の動物に対してフレンドリーに接してくれます。

子どもがいる家族で猫を飼いたいなら、ミヌエットも候補に入れてみてはいかがでしょうか?

シンガプーラ

体重j2~3kg。

純血種の中で最小と言われるのが、このシンガプーラです。

被毛は短くて美しいセピア色をしています。

このセピア色を、アグーチセピアとも呼んだりします。

性格はかなりの甘えん坊で、飼い主と一緒に居たがります。

飼い主の肩に乗ったり、後追いをする子が多いようです。

デボンレックス

体重2.5~4kg。

イギリスで誕生した猫種で、最大の特徴は被毛がカールしている事です。

これは、猫ではとても珍しいんですよ。

まるでプードルのような巻き毛なので、プードルキャットと呼ばれたりもします。

コーニッシュレックスの仲間になっていた時期もありましたが、今ではデボンレックスとして別の猫種になっています。

イギリスのデボン州発祥なので、この名前が付けられました。

まるで犬みたいな性格をしていて、飼い主によく甘えます。

人間だけでなく、同居のペットとも仲良くやっていけるので多頭飼育したい人におすすめです。

キンカロー

体重1.3~3kg。

マンチカールとも呼ばれている猫種で、「マンチカン」と「アメリカンカール」を交配させて誕生しました。

マンチカン譲りの短足と、アメリカンカール譲りのカールした耳が特徴です。

まだ育種している段階にあり、血統登録機関では実験的な猫種ということになっています。

バンビーノ

体重2. ~4kg。

なんとも個性的な猫で、知らずに見たら猫だとは思わないかも知れません。

マンチカンとスフィンクスを交配させて誕生した、全身の毛がなく足が短いバンビーノ。

バンビーノとは、イタリア語で「赤ちゃん」という意味です。

毛がないと書きましたが、正確に言うと細かい産毛が生えています。

一般的な猫みたいに、フサフサの毛はどこにも生えていません。

性格はとても元気で、遊ぶのが大好きです。

猫とのコミュニケーションをたっぷり取りたい人におすすめですよ。

コーニッシュレックス

体重2.5~4kg。

イギリスのコーンウォール州で誕生した猫で、細身の体に小さな頭が特徴的です。

猫界のグレイハウンドとも呼ばれたりします。

耳がとても大きく被毛はカールしていて、独特な雰囲気を醸し出しています。

性格は優しくて温厚です。

神経質な性格でもあるので、他のペットとの同居には気を遣うかも知れません。

また、小さな子どもが居る家には向いていないかも知れません。

ジャパニーズボブテイル

体重2.4~4kg。

日本の猫がアメリカに渡り、そこで他の猫種と交配され誕生しました。

招き猫のモデルにもなっている品種で、丸っこくて短い尻尾が特徴です。

瞳はアーモンド型で耳は三角形にピンと立っています。

小型の猫にしては珍しく、独立心があります。

飼い主にベッタリするのではなく、猫らしいツンデレな面を楽しませてくれる性格をしています。

最後に

小さい猫種から、おすすめを8種類紹介しましたがいかがでしたか?

あまり大きな猫は飼えないけど、猫は飼ってみたいという人は多いですよね。

今回紹介したのは体重が軽いので、移動の時に女性でも楽に運べるのが魅力です。

小型猫は甘えん坊な性格が多い中、ジャパニーズボブテイルだけはクールな面を持っているのが面白いですね。

小さくても運動は必要ですので、キャットタワーなど上下運動出来る場所を設けてあげてくださいね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる