短命の猫ラガマフィンに長生きして貰うポイントは?寿命とかかりやすい病気について。

食生活の向上や獣医学の進歩により、猫の平均寿命が延びてきています。

そんな中、短命と言われる種類の猫もいるんです。

それが「ラガマフィン」です。

bcb29b6ee2265702153ca0ec74c61f2a_s_120819_085513_PM

短命と分かっていても、飼うとなったら出来るだけ長生きして欲しいですよね。

そこで今回は、ラガマフィンに長生きして貰うポイントをお話したいと思います。

目次

ラガマフィンの平均寿命はどれくらい?

ラグドールにそっくりなラガマフィンは、大型で長毛の猫です。

短命と言われている、ラガマフィンの平均寿命寿命についてお話をします。

ラガマフィンの平均寿命は、10~13歳だそうです。

人間の10歳と言えば、まだまだ子供ですよね。

ですが、猫の10歳と13歳を人間に換算すると、56歳と68歳です。

人間とは老化の速さが、かなり違うのですね。

これはあくまでも平均寿命です。

個体差や健康管理状況によって、もっと長生きする可能性は十分ありますよ。

ラガマフィンがかかりやすい病気とは?

ペルシャを祖先に持つラガマフィンは、ペルシャと同じく「多発性嚢胞腎」、「肥大性心筋症」になりやすいです。

また、「尿路結石」にも注意が必要です。

多発性嚢胞腎臓

進行が遅い病気で、発見が遅れがちです。

食欲がなくなったり、多飲多尿、嘔吐など、症状が慢性腎不全に似ています。

早期発見により、対症療法で症状の緩和が期待出来ます。

肥大性心筋症

初期症状が分かりにくく、発見が遅れる事が多いようです。

食欲不振や元気がないといった様子が見られます。

進行すると咳をしたり、呼吸が速くなったりします。下半身麻痺も起こります。

早期発見による対症療法が主な治療法となります。

尿路結石

おしっこが詰まって出なくなる病気です。

おしっこをしながら悲痛な鳴き声を出したり、頻繁にトイレに行くのにおしっこが出なかったりします。

血尿が出たりもします。

オス猫がなりやすいです。

軽度の場合は薬で溶かし、療法食で予防していくことになるでしょう。

石が大きい場合は、外科手術が必要です。

肥満に注意!

運動をさせよう

ラガマフィンはあまり運動をしない猫なので、肥満になりやすいです。

飼い主が一緒に遊んで、体を動かすようにしてあげましょう。

キャットタワーがあると良いですが、体が大きく体重もあるので低めの物が安心でしょう。

あまり高さがあると、遊ぶ気が失せてしまうかも知れません。

食事に気を付けよう

総合栄養食と書かれたフードを与えるようにしましょう。

最近では、年齢別に細かく設定されたフードがあるので、自分の猫に合うものを選ぶと良いでしょう。

最後に

大型でふわふわの、ぬいぐるみのような猫「ラガマフィン」。

短命と言われていますが、少しでも長生きしてもらうために飼い主が出来ることがあります。

運動不足と食事に気を付け、出来るだけストレスの無い生活を送らせてあげましょう。

かかりやすい病気については初期症状を把握しておき、普段の様子を観察してみると良いでしょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる