MENU

インコを飼ってみたい!初心者向けの飼いやすいインコ、8種について。

アパートやマンションって、ペット禁止のところが多いですよね。

ですが、そういう物件でも「インコならOK!」という場合も多いんですよ。

そのため、インコをペットに選ぶ人はとてもたくさんいます。

インコの種類はとても多くて、人気の高い種類も数多く存在しています。

人気があるインコでも、初心者さんには難しい種類もあるので注意が必要ですよ。

初心者さんは、飼い易い種類を選ぶことをおすすめします。

そこでここでは、初心者さんにも飼い易いインコを8種類紹介します。

目次

セキセイインコ

体長20cm、体重35~50g、寿命10年くらい

昔も今も、変わらず人気No.1のセキセイインコ。

種類が多く、バリエーションは5000種もあります。

自分好みのカラーが、きっと見つかるはずです。

好奇心旺盛でおしゃべり上手、人によく懐きます。

繁殖も容易で、私もたくさんの雛を育てた事があります。

雛から育てると、一段と懐き可愛らしいです。

オカメインコ

体長30cm、体重90~120g、寿命18~20年

私も飼っていた事がありますが、とても甘えんぼうで寂しがり屋な性格をしています。

臆病で、物音や地震でパニックを起こす事があります。

穏やかな性格なので、噛まれる事はまずないでしょう。

教えれば、お喋りも出来るようになりますよ。

他のインコと一緒に飼育すると、大人しい性格のため虐められる事があるので注意しましょう。

愛嬌のある顔と、カラーバリエーションの豊富さが魅力です。

コザクラインコ

体長15cm、体重55g、寿命5~15年

丸っこい体形が可愛らしく、カラフルな羽色も魅力的です。

品種改良が進み、淡い羽色や顔がオレンジ色の品種も誕生していますよ。

言葉を覚えるのは苦手なようですが、鳴き声はかなり大きいです。

周りに家がたくさんある場所にお住まいの方には、おすすめできません。

鳴き声以外の面では、とても飼い易いインコだと思います。

好奇心が旺盛で、遊ぶことが大好き!

小枝などを羽根に挟んで運んだりします。

紙をちぎるのが得意で、それは上手にちぎります。

ですから、大事な書類などはきちんとしまってから放鳥しましょう。

アキクサインコ

体長23cm、体重45g、寿命8~15年

原種の羽色は、お腹がピンクですがその他の部分は地味な色になっています。

一般的に良く出回っている種類は、背中の方もピンク色で明るい色をしています。

大人しくて温厚な性格なので、他のインコと一緒に飼っても喧嘩をしかけることはありません。

逆に、小さいインコに虐められることがあるくらいです。

ヒナの頃から育てると懐くようになりますが、オカメインコのようにベタベタに甘える事は少ないようです。

鳴き声が小さいので、ご近所を気にせず飼育出来るでしょう。

可愛らしくて、とても美しい鳴き声をしていますよ。

呼び鳴きの声はやはり大きめですが、中型インコに比べると小さいです。

お喋りはそれほど上手ではなく、セキセイインコのようにはっきりと発音出来ないようです。

オキナインコ

体長29cm、体重140g、寿命20~30年

とても頭の良いインコです。お喋りが得意で、長文だって覚えちゃいます。

活発で人間によく懐き、穏やかな性格が魅力です。

その反面、縄張り意識が強いので、ケージに手を入れると噛まれる事もあるようです。

知能の高さゆえ、退屈を嫌います。出来るだけ遊んであげましょう。

鳴き声が大きいので、集合住宅での飼育は難しいでしょう。

野生では寿命が15年くらいですが、飼育下だと30年くらい生きることもあります。

最後まで面倒を見れるか、よく考えて飼育を決めましょう。

マメルリハ

体長13cm、体重30g、寿命10~20年

尻尾が短く、全体的に丸っこい印象のインコです。

空中でのホバリングや方向転換を得意。色はグリーンやブルーです。

小さい声で鳴くことが多いですが、大きい声も出るのでご近所への配慮が必要でしょう。

喜怒哀楽がハッキリした、遊び好きなインコです。

愛情を注いで育てると、飼い主にとても甘えるようになります。

サザナミインコ

体長15cm、体重45~55g、寿命10年

グリーン系やブルー系の色をしています。

落ち着いた色彩のインコを探している人に、おすすめですよ。

性格は温厚で争いを好まず、殆ど噛みません。鳴き声も小さめです。

ただし、仲間を呼ぶ時には大声を出します。

お喋りは上手ではないですが、教えれば覚える子もいるようです。

ボタンインコ

体長14cm、体重35~50g、寿命10年

カラフルな羽色が魅力のボタンインコは、アフリカ原産のインコです。

目の周りには白い縁取りがあるのと、くちばしが赤いという特徴があります。

ルリコシボタンインコ、キエリクロボタンインコなど、数々の種類が存在しています。

どの種類も羽色がとても美しいです。

つがいで飼育すると、その仲の良さに気付く事でしょう。

英語でラブバードと呼ばれているのがよく分かります。

1匹で飼育する場合は、飼い主さんにべったり甘える事が多いようです。

そして、ヤキモチを妬いて大声で鳴くこともあります。

毎日のコミュニケーションをしっかりして、愛情を注いであげるようにしましょう。

番外編・文鳥

体長14~15cm、体重23~28g、寿命5~10年

インコではないですが、初心者さんに飼育しやすい小鳥として、文鳥もおすすめです。

白文鳥や桜文鳥などがいますが、性格は大体同じでみんな穏やかです。

鳴き声が静かで、噛まれても痛くありません。

お子さんがいる家庭でも安心して飼えるでしょう。

インコのようにお喋り上手ではないので、言葉を教えたいのならインコが良いでしょう。

最後に

初心者さんにも飼育しやすい、人気のインコを紹介しましたがいかがでしたか?

どれも比較的飼育しやすいインコではありますが、それでもやはり毎日のお世話はしっかりする必要があります。

こまめな掃除と食事の管理は、飼い主さんの責任ですね。

初心者さんに一番人気があるのは、セキセイインコです。

丈夫でよく懐き、お喋り上手で繁殖も容易です。

寿命が長いインコは避けて紹介しましたが、オキナインコは飼育下だと30年生きる場合もあるそうです。

最後まで責任を持ってお世話が出来るかどうか、考えてみましょう。

どのインコも飼い易い性格で懐きますので、きっと良いパートナーになってくれることでしょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる