MENU

鮮やかな黄色と緑が印象的!シロハラインコの特徴や飼育法について。

シロハラインコという、中型インコをご存知でしょうか?

可愛らしい仕草や鮮やかな見た目で、人気が高まってきているインコです。

黄色と緑の白のコントラストがはっきりしていて、とても存在感がありますよ。

人にも懐きやすく、飼い主と一緒に遊ぶことを楽しみます。

鳥とのコミュニケーションを楽しみたい人におすすめのインコです。

それでは、シロハラインコの特徴や性格、飼育のポイントについて紹介していきますね。

目次

シロハラインコの身体的特徴について

体長23cmくらい、体重150gくらい

生息域は、南アフリカのブラジル北部、ベネズエラ南部などです。

オウム目インコ科に分類される、インコの仲間です。

短い尻尾と太めの足をしていて、丸っこい雰囲気の体付きはとても可愛らしい印象を与えます。

鮮やかなオレンジと黄色の頭部が美しく、羽は濃いグリーンです。

胸からお腹に掛けての真っ白な羽も美しいです。

よく似た鳥に、ズグロシロハラインコという種類があります。

違いは頭部が黒いかどうかです。

ズグロシロハラインコの方は、頭が黒いんです。

シロハラインコの性格について

知能がとても高くて明るく陽気な性格で、とても人懐っこいです。

活動的なインコで、いつも動き回っている感じです。

おもちゃで遊ぶ事が好きで、飼い主と一緒に遊びを楽しもうとします。

遊んで欲しいとアピールして来たりする様子は、まるで犬のようです。

インコなのに、寝転がって遊んだりするんですよ。

この習性はシロハラインコ特有のもので、他のインコはお腹を見せる事を嫌がります。

銃で打つ真似をすると「やられたー」とひっくり返ってくれる芸も、覚えたりしますよ。

飛ぶよりも、足を使う事が多い傾向にあります。

ピョンピョン歩いたり、よじ登ったりするなど、他のインコとは少し違った動きで楽しませてくれます。

どんな鳴き声なの?お喋りは出来る?

シロハラインコは、鳴き声が大きいです。

「キキキー」というような、とてもよく響く声で鳴きます。

周りに家が多い地域では、近所迷惑にもなり兼ねません。

飼育を始める前には、防音対策をとっておく必要があるでしょう。

お喋りについては、ハッキリ言って苦手です。

人の真似をして喋る事は、出来ないと思っておいた方が良いです。

ただ、簡単な単語を真似するくらいなら、出来る子もいるようです。

日常生活で聞えて来る電子音などを真似したりもします。

シロハラインコの寿命はどれくらい?

シロハラインコの寿命は、25~35年くらいです。

個体差があるので、もっと生きる子もいます。

インコの中では長寿の種類ですから、最後までお世話出来るかどうかをしっかり考えましょう。

飼育を始める年齢によっては、自分が居なくなった後の事も考えておく必要があります。

インコに限らず、長寿の動物は飼い主に先立たれる事が少なくありません。

飼育放棄されるケースもあり、ペットが受ける心的ショックは相当なものです。

そうならないように、家族でよく話し合うようにしましょう。

シロハラインコの飼育に必要な物って何?

シロハラインコを飼育する場合、詩行く前に揃えておきたいものは次の通りです。

ケージ

シロハラインコの生活の場となるケージですので、ゆったりと動き回れるスペースが欲しいですね。

大型の鳥類を扱うショップに行けば、大きなケージが手に入るでしょう。

ケージの素材はとにかく丈夫な物にしてください。

弱い素材だと齧って壊し、脱走する事があります。

ドアにはロックがあると安心ですね。

専門店に相談すると、色々なタイプを教えてくれることでしょう。

止まり木

ケージに付属の物で良いのですが、すぐに齧ってしまうので予備を用意しておきましょう。

玩具

大変知能の高い鳥ですので、退屈に弱いです。

飼い主さんと遊ぶ事を好みますが、一人でも遊べるようにケージ内に玩具を入れてあげましょう。

ストレス発散にもなるので、是非用意してあげてくださいね。

放鳥した時に、飼い主さんと一緒に遊ぶ玩具も用意しておきましょう。

玩具の素材は、インコに害の無い物にしましょう。

例えば、可愛い音のする鈴などは、鉛が使われていたりします。

インコが鉛中毒になる可能性があるので、避けた方が良いでしょう。

エサ

シロハラインコは、野生では果実や種子を食べて暮らしています。

ペットとして飼育する場合は、市販のインコ用ペレットを主食としましょう。

なるべく添加物が少ない物を選ぶと安心ですね。

副食を与えたくなりますが、与え過ぎは肥満の原因になります。

ペレットで栄養バランスは保たれているので、時々オヤツ程度に与えると良いでしょう。

1日1回、適量を与えます。

日頃のお世話について

シロハラインコを飼育する際には、次のようなお世話が必要です。

爪切り

鳥や小動物用の爪切りを使って、爪を切ってあげましょう。

自分で切るのが怖い場合は、掛りつけの獣医さんに頼むと良いでしょう。

水浴び

シロハラインコは、水浴びが好きなインコです。

体が入るサイズの容器に、浅く水を張ってあげましょう。

霧吹きやシャワーが好きな子もいます。

その子の好みの方法で水浴びをさせてあげると良いでしょう。

その時、お湯ではなく水を使ってくださいね。

また、温かい時間帯に行うようにしましょう。

掃除

インコにはトイレのしつけが出来ません。

床に排泄物が溜まっていくので、こまめに掃除してあげましょう。

新聞紙で良いのですが、最近は新聞を取っていない家庭も増えていますよね。

その場合は小鳥用シーツという、排泄物を受けるシーツを使うと便利ですよ。

最後に

シロハラインコについて、特徴や性格、飼育のポイントについて紹介しましたが、いかがでしたか?

黄色い頭と緑の羽根、白いお腹のコントラストが美しく、一度見たら忘れられないインコです。

人懐っこい性格や、お腹を上に向ける仕種などが可愛らしく、人気が高まっています。

ただ寿命が長めだったり値段が高かったりするので、家族とよく話し合った上で飼育を決めるようにしましょう。

ペットと長く一緒に暮らしたい人や、コミュニケーションを楽しみたい人におすすめのインコです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる