秋の七草のキキョウは、実は夏の花?キキョウの育て方について。

秋の七草の一つであるキキョウは、古くから日本人に愛されてきた花です。

秋の七草ではありますが、実際には夏に咲く花なんですよ。

あなたの家でも、真夏の暑い盛りにキキョウの涼し気な花を、咲かせてみませんか?

今回は、キキョウの育て方を紹介いたします。

目次

キキョウってどんな植物なの?

キキョウ科に分類される多年草で、日当たりの良い山野で育ちます。

日本全土と朝鮮半島、中国、東シベリアに分布しています。

草丈は50~100cmくらいで、6月中旬~9月頃まで花を咲かせます。

品種改良により、様々なタイプが存在しています。

万葉集でも詠まれており、大変古くから日本人に馴染みのある花です。

キキョウを育てる場所

キキョウは太陽の光が大好きです。

鉢は、必ず日当りが良い場所に置きましょう。

特に夏は、風通しも重視してくださいね。

キキョウは古くから日本にある植物なので、日本の気候に適応しています。

冬は地上部が枯れますが、霜のダメージが強過ぎなければ春にはちゃんと芽が出てきます。

植え方について

鉢植え

種から育てた場合は、本葉が5~6枚になったら鉢に植え付けます。

まず、プランターや鉢に鉢底の石を入れます。

土を入れたら、緩行性肥料を混ぜ込みます。

植え付けたら、水をたっぷり与えましょう。

地植え

日当りと水はけ、風通しの良い場所を選んで植え付けます。

植え付ける場所の土は、あらかじめ掘り起こしておきます。

堆肥を混ぜ込んでから1週間以上待って、植えましょう。

株間は10~20cm空けます。

育て方のポイント

水はけが良く、有機質が多い土を使いましょう。

酸性気味の土を好みます。

植え付ける土は、赤玉土5:鹿沼土2:腐葉土3の割合がおすすめです。

水やり

鉢植えの場合は、土の表面が乾いてからたっぷりと与えます。

冬は地上部が枯れますが、土は乾かさないようにします。

寒い時期は、軽く湿る程度の水を与えるようにしましょう。

肥料

鉢植えの場合は、緩効性肥料を混ぜた土に植え付けます。

花の時期には、液体肥料を2週間に1回与えます。

地植えの場合は、植える時に堆肥を混ぜ込んでおきましょう。

追肥はしなくて大丈夫です。

最後に

夏を代表する花であるキキョウについて、育て方のポイントをお話しました。

古くから秋の七草として有名ですが、実際には真夏に涼し気な花を咲かせてくれます。

キキョウの育て方は、日当たりと水はけが大切。

それに気をつければ、どんどん花を咲かせてくれますよ。

日本人に愛され続けてきた星形の可愛らしい花を、あなたも育てたみませんか?

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる