江ノ島に行ったら、江島神社は必見です!辺津宮、中津宮、奥津宮について。

湘南を代表する観光スポット、江の島。

年間を通して色々なイベントがあり、地元の人や多くの観光客で賑わっています。

そんな江の島にはいくつもの神社があるのですが、是非立ち寄って頂きたいのが江島神社!

8756f6d66b3ccc147bab274782b07243_s_072119_094831_PM

日本三大弁財天の一つに数えられており、縁結びで有名です。

江島神社は辺津宮、中津宮、奥津宮からなっています。

ここでは、江島神社について詳しくご紹介していきたいと思います。

目次

江島神社って、どんな神社なの?

江島神社には三柱のご祭神が祀られています。ちなみにこの神々は三姉妹なんですよ。

それぞれ、辺津宮(へつみや)、中津宮(なかつみや)、奥津宮(おくつみや)にお祀りされています。

この3つの宮からなっているのが、江島神社です。

結構範囲が広い上に、階段の上り下りもありますので、無理せずゆっくり歩くのが良いかと思われます。

最後に岩屋まで行けたら、江島神社参拝はバッチリです!

ゆっくり歩くとしたら、半日くらいかかるでしょう。

辺津宮

江の島に入り、仲見世通りという商店街を抜けると、大きな鳥居があります。

そこから歩いて3~5分くらいの所にあり、江の島の中心部にあたります。

1206年に源実朝により創建され、田寸津比賣命(たぎつひめのみこと)が祀られています。

そして三大弁財天である妙音弁財天と、八臂弁財天が安置されています。

芸能や音楽、勝負の女神様です。

辺津宮にはいくつもの参拝スポットがあり、ご利益をたくさん貰えることでしょう。

中津宮

辺津宮を出て、5分程歩くと中津宮に着きます。

ここに祀られているのは、市寸島比賣命(いちきしまひめのみこと)です。

絶世の美女とも言われる神様で、女子力アップを願って参拝する女性も多いようです。

金運、勝負運、子孫繁栄、交通安全など、たくさんのご利益が得られるので、是非立ち寄ってくださいね。

ここでおすすめなのが、水みくじです。

社殿の左奥にある、水箏窟の水におみくじをつけると、文字が浮かんできますよ。

奥津宮

中津宮から奥津宮の間には、絶景が楽しめる「山二つ」という場所があります。

撮影スポットともなっていますよ。

奥津宮は、江の島神社の一番奥にあります。

ご祭神は、多紀理比賣命(たぎりひめのみこと)です。

三姉妹の一番上で、海の守り神とされています。

拝殿の天井を見ると、どこから見ても睨み付けて来る亀の絵があります。

これは、江戸時代の絵師酒井抱一によって描かれた、八方睨みの亀です。

移動に便利なエスカー

坂道や階段が多く、歩きに自信の無い方には辛いかも知れません。

そんな場合は、エスカーが便利です。

有料のエスカレーターで、展望台付近まで数分で行くことが出来ますよ。

最後に

江島神社の、辺津宮、中津宮、奥津宮についてご紹介いたしました。

せっかく江の島に訪れたなら、この3つだけは是非見ていただきたいと思います。

一番奥の岩屋は、江島神社発祥の地とも言われています。

余裕があったら、そちらにも立ち寄ってみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる