MENU

宮崎の特急「海幸山幸」で旅に出よう!

あなたは旅行に行くときに、誰と何に乗って行きますか?

旅行が好きな人は、友達と行く場合や一人で行く人もいます。

行先によっては、車やバス・飛行機で行く人や電車で行く人もいます。

s-1619136_s_041121_072710_PM

宮崎県に特急「海幸山幸」という電車があり、電車好きの人は知っている人も多そうです。

特急「海幸山幸」で旅行に行くと、どのように楽しくなるのかまとめてみました。

目次

特急「海幸山幸」とは何?

特急「海幸山幸」は、車両正面はレトロ感を感じる特徴的なスタイルで白色が南国リゾートを醸し出しています。

停車駅は、宮崎駅―南宮崎駅―田吉駅―子供の国駅―青島駅―北郷駅―飫肥駅―日南駅―油津駅―南郷駅です。

白いペイントとナチュラルな天然木が目を引き、車両のベースになっているのはトロッコ列車で他の観光特急とは一味違う雰囲気を味わえるのでオススメです。

「海幸山幸」という名前は、日本神話の登場人物「海幸彦」「山幸彦」に由来しています。

電車からの美しい景色はもちろん、神話の世界にも想いを馳せつつ楽しめそうです。

特急「海幸山幸」は2両編成で、1号車が「山幸」・2号車が「海幸」です。

1号車の「山幸」は、山の紅葉を思い浮かべるような温かみがあります。

2号車の「海幸」は、海をイメージさせる爽やかな青をベースにした色調にまとめられています。

特急「海幸山幸」には、全国有数の杉の産地・飫肥(おび)の地元特産「飫肥杉」が使われています。素朴で温かい雰囲気があり、ゆっくりとした穏やかな気持ちで過ごせます。

車体には可愛いロゴマークも描かれており温もりを感じる木のおもちゃをイメージしていて、ロゴをバックに記念写真を撮ると記念になります。

車両のデザインは、「新幹線つばめ」や「ななつ星」などの特急列車・観光列車でお馴染みの工業デザイナー・水戸岡鋭治氏によるものです。

有名な車両を手掛けたデザイナーなので上品でシンプルなロゴや色使いは、旅行がワクワクして電車好きでなくとも一度は見て乗ってみると良さそうです。

特急「海幸山幸」の電車内でどのように過ごす?

車内のインテリアや装飾・壁や棚・床板も光沢を帯びた天然木で、飫肥杉がふんだんに使われています。

快適な座り心地の座席は、上品で手触りが滑らかでもあるのでリラックスできます。

電車が発車すると、乗客全員に電車のイラストが描かれた「乗車記念カード」が貰えます。

カードの裏に海幸山幸のオリジナルスタンプを押せば、他では手に入らない「自分だけの記念品」の完成です。子供だけでなく、大人も欲しくなるような貴重なオリジナルスタンプです。他にはオリジナルタオルや、立体キーホルダーなどがあります。

上りの宮崎行き・特急「海幸山幸」の車内イベントは「運玉チャレンジ」です。

客室乗務員さんが大きな木の箱を持ってきて、この中には運玉と呼ばれる色の付いていない木の玉と赤い木の玉が入っています。

「運玉チャレンジ」は、入れば願いが叶うとされる「鵜戸神宮の運玉投げ」にちなんだもので、箱に入った2色の運玉から赤い運玉を引けば当たりで見事景品が貰えます。

運を引き寄せられるかドキドキ・ワクワクで、観光気分が一層盛り上がります。

下りの南郷行き・特急「海幸山幸」では、神話「海幸山幸」の紙芝居が披露されます。

この紙芝居は手作りで客室乗務員が話を読んでくれて、神話「海幸山幸」は有名な浦島太郎伝説のモデルとも言われています。

神話の舞台となっているのが「宮崎県の日南海岸・青島」ということですが、宮崎に住んでいても知らない人は多そうです。

紙芝居は手作りならではの優しいイラストで、分かりやすく伝えてくれると評判です。

特急「海幸山幸」でのグルメやその他の楽しみ方は?

電車内でも美味しい食べ物や飲み物があり「太陽のラガー」は、爽やかでキリリとした風味が特徴で宮崎のまぶしい太陽のような爽快なイメージがある地ビールです。

宮崎県内限定の芋焼酎の海幸山幸や、宮崎マンゴー地サイダー・チーズ饅頭もあります。

お酒の飲み比べや、おつまみとしても食べられるので楽しめそうです。

座席はゆったりとした配置のリクライニング付シートなので、存分にくつろいで過ごせます。座席は横に3席(2列・1列)で海側からそれぞれA・B・C席となりますが、人気が高いのは海側のA席です。

電車の一番の魅力は海と山を臨めて、車両には大きな窓が並び座席からは一面の海と山が見えます。先端の窓からは線路沿いに開かれた自然が、目の前に飛び込んできます。

飫肥杉のトンネルをくぐったかと思えば海が見渡せて、どの景色をみても飽きないので楽しめます。

日南海岸の名物「鬼の洗濯板」は、約700万年前にできた岩が長い年月をかけて隆起し、波に侵食されてできた自然が生み出した不思議な岩です。

砂浜に立つ橋の上でも徐行運転してくれるので、海の上に浮かんでいるような感覚で別世界にいるようです。

大自然を駆け抜けたレールの先には、フォトジェニックすぎる景色とカメラに収めきれない感動があります。

カメラに収めるのはもちろん、心にも目にも焼き付けると記憶に残ります。

普段の生活を忘れて、ゆっくりなにもかも忘れて自然を見るのも良さそうです。

最後に

特急「海幸山幸」で旅行に行くと、様々な楽しみ方があるのかが分かりました。

電車の中では、客室乗務員が乗っている人達を楽しませる方法を考えています。

一度は特急「海幸山幸」に乗って、みんなと一緒に遊んで話をじっくり聞いてみるのもオススメです。

また電車の中から外を眺められて、自然が雄大に見られ家族や友達など一緒に旅行に来た人たちと楽しめます。一人旅なら、ゆっくり時間を掛けながら楽しみ方ができます。

特急「海幸山幸」に乗ると、自分なりの楽しみ方ができるので嬉しさが倍増しそうです。

大きな車窓から見える日南海岸の美しさを満喫する場合は、どうしても人気が集中します。

旅行の計画を立てていても、すぐに乗れるかどうか分からない場合もあります。

もし旅行の日程が決まったら、早めに予約されることをオススメします。

電車好きはもちろん・そうでない人も、旅行が好きな人は一度乗ってみると良さそうです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる