工場夜景発祥の地!神奈川県川崎市でオススメの工場夜景スポットについて。

神奈川県川崎市はたくさんの工場が集まっており、「京浜工業地帯」と呼ばれています。

公害のイメージが強かった川崎市ですが、今では工場夜景ファンお憧れの地でもあります。

川崎臨海部は、工場夜景の撮影スポットがたくさんありますよ。

そこで今回は、素敵な夜景を楽しめる5つのエリアについて紹介していきます。

目次

浮島町エリア

東亜合成川崎工場前は、大きなタンクが目の前に見えるのが特徴です。

貨物ヤードの手前のカーブの辺りがおすすめスポットで、タンクやプラントを見る事が出来ますよ。

プラントも撮影するのなら、望遠を持参すると良いでしょう。

駐車場を探すのが大変なので、電車で行くのがおすすめです。

水江町エリア

以前は東亜石油を見渡せることで知られていたスポットですが、グッドマン水江の建設によって見渡せなくなりました。

ですが、今でも水江運河の南へ数百メートル移動すれば、左側にプラントを見渡すことが出来ます。

プラントは近くに見えるので、標準ズームレンズで十分撮影出来るでしょう。

扇町エリア

川崎天然ガス発電所があり、それを陸地から撮影することが可能です。

扇橋からの夜景が一番人気です。

扇町駅の手前の道路からは、遠くに川崎天然ガス発電所が見えます。

この発電所は、煙突が特徴的で人気があります。

駅のもっと西側に移動すると、昭和電工の工場を見渡すことが出来ます。

千鳥町エリア

三菱化学物流前が、穴場スポットとなっています。

全国の工場夜景ファンは有名な場所で、千鳥町の北端の行き止まり部分から、化学工場を見渡す事が出来ます。

距離が離れているので、望遠レンズが必要となります。

50mmクラスの標準レンズを使えば、水面に映る灯りも含めて広く撮影することが出来ますよ。

川崎マリエン

夜景撮影でも人気ですが、観光スポットにもなっていて家族連れや観光客も来ています。

地上51mに展望室があり、360度の大パノラマを楽しめます。

東京都心や羽田空港も見えますよ。

撮影の際は、写りこみ対策をしましょう。

最後に

全国の工場夜景ファンの間で有名な、神奈川県川崎市の工場夜景撮影スポットを紹介いたしました。

路線バスが多く走っていますが、最終運行時間をしっかり確認して行動する必要があります。

効率良く移動したいのなら車が便利ですが、夜景スポットに駐車場が無い場合が殆どです。

車で訪れた際には、安全やマナーを守って駐車しましょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる