MENU

丈夫で育てやすい春の花、おすすめの品種と特徴、栽培ポイントについて。

  • URLをコピーしました!

春になり気温が上がってくると、新芽が芽吹きたくさんの花も咲き始めます。

スイセンから始まり、梅、桜、チューリップと、どんどんカラフルになっていきますよね。

そんな春の花を、自分の庭でも咲かせてみませんか?

今回は春を代表する花の中から、初心者さんも気軽に育てられる種類を紹介します。

どれも可愛らしくて、見ているだけでウキウキしてきますよ。

目次

おすすめ品種1 ヒヤシンス

開花時期は3~4月。

春の花の中でも、特に香りが良いのがヒヤシンス。

開花すると、まるで香水のような強い香りが漂います。

花色もハッキリとしていて鮮やかですし、花が密集して咲く様子はとてもゴージャスです。

見応え抜群のヒヤシンスは、丈夫で育て方がとても簡単なんです。

お洒落に水栽培で育てる人も多く、水栽培用の容器も売られています。

花色には、紫、ピンク、白、黄色などがあり、バリエーションの豊かさも魅力です。

夏は休眠状態になりますが、翌年の春にまた花を咲かせてくれます。

我が家のヒヤシンスも、ずっと地面に植えたままで毎年咲いてくれています。

栽培ポイント

過湿が苦手なので、水はけの良い土を好みます。

水やりは、地植えの場合なら、乾燥する時期以外はやらなくて大丈夫です。

鉢植えの場合は、土の表面乾いたら与えるようにしましょう。

たくさん日光に当てると、よく花を咲かせてくれます。

おすすめ品種2 ムスカリ

開花時期3~5月、草丈10~30cm。

まるで葡萄のような雰囲気の花で、白や紫色の花を房状に咲かせます。

一つ一つの花を見ると、スズランのような形をしていてとても可愛らしいんですよ。

ムスカリという名前は、香料のムスクに似た香りがするところから付けられたそうです。

コンパクトなサイズで他の花との相性が良く、寄せ植えにもよく使われています。

栽培ポイント

10~12月頃、水はけの良い土に球根を植え付けましょう。

土の表面が乾いたら水やりをしますが、地植えなら乾燥が酷い時だけで大丈夫です。

おすすめ品種3 ルピナス

開花時期4~6月、草丈20~150cm。

上に向かって真っすぐ伸びるルピナスは、草丈が100cmを超える品種もあります。

花の形が藤にそっくりなので、昇り藤とも呼ばれています。

花色はたくさん存在していて、白、ピンク、黄色、赤、紫、青など様々です。

ルピナスは、日本では一年草扱いされることが多いです。

品種によっては、二年草や多年草もあります。

栽培ポイント

種から育てる場合は、種まきを9~10月にしましょう。

その時、種を一晩水に浸けてから蒔くと、発芽しやすくなりますよ。

苗から育てたいなら、春になってから販売が始まるのでそれを購入しましょう。

おすすめ品種4 チューリップ

開花時期3~5月。

誰もが知る春の花、チューリップ。

子どもの絵にもよく描かれる花で、春の花の代名詞とも言えるでしょう。

しっかりした葉と茎を持ち、伸びた茎の先に大きな花を咲かせます。

品種改良が盛んで、どんどん新しい品種が誕生しています。

花の色や形、咲き方、草丈など、バリエーション豊富で選ぶのが楽しいですよ。

あまりやっている人は居ないかも知れませんが、チューリップも水栽培で育てることが出来ますよ。

栽培ポイント

水はけが良く、保水性も良い土が適しています。

川砂や腐葉土、堆肥を混ぜると育てやすい土になるでしょう。

球根から育てるなら、10~12月に植え付けて冬の寒さにしっかり当てましょう。

肥料は、与え過ぎると腐る場合があるので気を付けましょう。

おすすめ品種5 ツツジ

開花時期4~5月。

桜が終わってしばらくすると、ツツジが見頃を迎えます。

白やピンク、赤紫の花をびっしりと咲かせ、道端を明るく彩ります。

日本人に古くから愛され親しまれてきたツツジは、日本の気候に適応しているので育てやすいです。

大きく育てることも出来ますが、庭で育てるなら鉢植えも可能ですよ。

50cmくらいの草丈でも、ちゃんと花を咲かせてくれます。

大きくしたいのなら地植えにすれば、2mくらいまで育ちます。

栽培ポイント

酸性の土を好みます。

植え付ける地面の酸度を確認しておきましょう。

植え付ける時期は花が終わってからが一番適していますが、3~6月、9~10月なら大丈夫です。

花が咲いている時期は避けましょう。

おすすめ品種6 ラナンキュラス

開花時期3~5月。

私もこの花は大好きで、春に園芸店に並び始めるのを見るとウキウキしてきます。

フワッとした花弁がたくさん重なった、丸っこくボリュームのある花が印象的です。

ところが、原種は一重咲きだというのですから、驚きですね。

品種改良が進み、たくさんの花色が存在しています。

咲き方にもバリエーションがあり、好みの品種が見つかると嬉しくなりますよ。

栽培ポイント

水はけが良い土を用意します。

球根からも育てられますが、植え付ける前に給水処理をしましょう。

水やりは、土の表面が乾いてからしましょう。

花が終わり地上部が枯れて変色するまで、水やりは続けてください。

おすすめ品種7 ネモフィラ

開花時期4~5月、草丈10~20cm。

小さな青い花をたくさん咲かせるので、満開になると足元に青い絨毯が広がります。

シバザクラのように、ネモフィラを群生させたお花畑が全国に存在しています。

和名では瑠璃唐草と呼ばれていますが、白っぽい花や黒っぽい花などもあります。

栽培ポイント

種まきで育てられます。

9~10月頃に蒔くのが良いですが、寒冷地では春になってから蒔くと良いでしょう。

発芽して本葉が3枚くらい出て来たら、根を傷つけないように慎重に植え付けます。

浅めに植えるのがポイントです。

おすすめ品種8 ストック

開花時期3~5月、草丈20~80cm。

元々多年草ですが、日本だと一年草扱いとなります。

ピンクや白、赤、黄色、紫といったたくさんの花色があり、色んなカラーを混ぜて咲かせると賑やかで可愛らしいです。

品種によって草丈が随分違うので、確認してから買うと良いでしょう。

栽培ポイント

8下旬~10月が種まきの時期ですが、寒冷地では春になってから蒔くことをおすすめします。

植え付け時期は9~11月で、株間は20cmくらいあけてください。

日当りの良い場所に植えないと、花が咲かない場合があります。

最後に

春の花の中から、初心者さんも育てやすい種類を紹介しましたが、いかがでしたか?

どれも春を代表する花ばかりなので、きっとどこかで目にしていると思います。

ヒヤシンスやムスカリなどは、水栽培で育てるのも人気がありますよ。

水栽培はお部屋のインテリアとしてもお洒落ですし、土植えでは見えない部分の成長が確認出来るので面白いです。

また球根は、一度植えたら何年も咲き続けてくれるのが嬉しいですね。

色とりどりの花を咲かせて、是非カラフルなお庭づくりを楽しんでくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる