白くてフワフワなサモエド!スピッツにそっくりなサモエドってどんな犬?

シベリアン・スピッツとも呼ばれる、サモエド。

白くてフワフワした被毛は、日本スピッツにそっくりです。

性格は優しく、頭が良くてフレンドリー。

表情も豊かで、一緒に暮らせばすぐに虜になってしまうことでしょう。

今回は、そんなサモエドの特徴や性格についてまとめてみました。

目次

サモエドにはどんな歴史があるの?

サモエドは、ロシアのサモエド族と暮らしてきた犬です。

寒冷地において、荷物を引いたり狩猟を手伝ったり、サモエド族の生活を助けてきました。

その能力が広く知られるようになり、次第に世界中に広がっていきました。

一時期、ブラウン系の被毛を持ったサモエドもいたのですが、選択繁殖により現在の純白のサモエドが定着しました。

サモエドの特徴は?

体重 ・・・ 16~30kg、体高 ・・・ 54~60cm

体重の個体差が激しく、40kgを超えるサモエドもいるそうです。

フワフワの頭に、小さな立耳が可愛らしいです。

寒い地方の犬なので、凍傷から身を守るため分厚い被毛で覆われています。

特に首周りとお尻の被毛は長めです。

吹雪の時には、尻尾の毛で顔を覆う事で呼吸器系へのダメージを防ぎます。

サモエドの大きな特徴は、豊かな表情にあります。

いつも笑っているような顔をしており、「サモエドスマイル」と呼ばれています。

サモエドの性格は?

サモエドは穏やかな性格をしており、攻撃的なところはありません。

人懐っこくて遊び好きなので、子供がいる家庭での飼育にも向いています。

また、飼い主に忠実で辛抱強いのも特徴です。

寂しがり屋なので、なるべく一人での留守番はさせない方が良いでしょう。

サモエドと暮らす場合の注意点

サモエドの性格は温和で、初心者さんにもおすすめなのですが、飼育前に知っておくことがあります。

それを挙げていきますね。

長時間留守にすることはないか?

サモエドは寂しがり屋なので、長時間の留守番が苦手です。

いつも誰かが家にいる状態が理想的です。

暑さに弱い

サモエドは寒冷地の犬なので、暑さに弱いです。

暑い日には冷房を使うなどして、熱中症対策をしっかりする必要があります。

運動量が多い

たくさんの運動を必要とするサモエドですから、散歩は1日2回(1時間ずつ)が基本です。

週に1度はドッグランへ行って、思いっきり走らせてあげましょう。

褒めながらしつける

サモエドは、厳しく叱られると委縮して飼い主を怖がるようになります。

信頼関係がなくなると、しつけが出来ません。

サモエドに対しては、褒めて育てる方向でしつけを進めるようにしましょう。

抜け毛が多い

抜け毛が多い犬種なので、ブラッシングを小まめにしましょう。

特に換毛期の抜け毛の量はとても多く、お手入れには時間がかかると思います。

ですが毛玉や皮膚疾患を防ぐためにも、しっかりブラッシングしましょう。

最後に

典型的なスピッツ体型のサモエドは、穏やかな性格で好奇心旺盛、辛抱強くて飼い主に忠実という、飼い易い特徴を持った犬です。

サモエドの特徴をよく理解した上でなら、初心者さんにもおすすめできる犬種です。

抜け毛のケアに時間がかかるのと、散歩にたっぷり時間をかけなければいけません。

また、寂しがり屋なので長時間の留守番は難しいです。

このことから、忙しいご家庭では飼育は無理でしょう。

サモエドを飼育する前に、よく考えてからお迎えしましょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる