MENU

マルチーズのミックス犬の種類や特徴、性格について。

  • URLをコピーしました!

古くから世界中で愛されてきたマルチーズ。

白くてふわふわの毛並みと、大きな黒い瞳が印象的ですよね。

小型犬なので室内で飼育しやすいこともあり、日本でもたくさんの家庭で飼われています。

そんなマルチ―ズを片親に持つミックス犬には、どんな種類があるかご存知でしょうか?

今回はマルチーズのミックス犬5種類について、特徴や性格をまとめてみました。

目次

マルチーズってどんな犬なの?

まずは、マルチーズの特徴についてまとめてみますね。

マルチーズは白くて美しい被毛を持ち、その外見は気品に満ちています。

そのため、「犬の貴族」とも呼ばれているんですよ。

体重は2~3kg、体高は20~25cmで、とても小さい犬種です。

寿命12~14年くらいです。

マルチーズは暖かい地域原産なので、被毛はシングルコートです。

純白に輝く被毛は、トリミングをしないで伸ばし続けていると床に届くほど長くなります。

華奢な体に短めの足を持ち、活発に動き回ります。

性格は基本的に、大人しくて甘えん坊です。

飼い主には甘えますが、他の人に対してはあまり愛層がないようです。

古くからある犬種なので、個体差が少なく特徴が安定しているのが魅力です。

マルプー

マルチーズ×トイプードル

親の特徴

トイプードルは、マルチーズと同じようにふわふわの被毛が魅力の犬種です。

性格は温和で、人懐っこくてフレンドリーに接してくれます。

賢い犬ということでも知られていて、しつけをするとすぐ覚えてくれます。

子どもがいる家庭でも飼い易いです。

初心者さんにおすすめの犬種です。

マルプーの特徴

体重2~3kg、体高20~30cm

トイプードルの特徴が強く出た場合は、体重が4kg以上になることもあるようです。

個体差があるのは覚悟しておきましょう。

活発な性格をしています。

被毛は両親共にシングルコートなので、マルプーもシングルコートです。

毛色のバリエーションは豊富で、単色以外に2色のカラーもあります。

また、両親共に涙やけをしやすい犬種なので、マルプーも涙やけに注意しましょう。

目の周りが湿っているようだったら、小まめに吹いてあげましょう。

涙の刺激でかぶれたり、細菌が増えてしまったりするからです。

マルプーは定期的なトリミングが必要ですが、全身を自分でカットするのは慣れていないと大変です。

トリミングサロンでやって貰うと良いでしょう。

意外と抜け毛が少なくて、体臭もあまりしない方です。

チワマル

マルチーズ×チワワ

親の特徴

超小型犬であるチワワは、意外と勇敢な性格をしています。

よその人に対しての警戒心が強く、番犬のような振る舞いをすることもあります。

基本的には明るくて愛情深く、忠誠心が強い犬種です。

体重は1.5~3kgくらいです。

チワマルの特徴

チワワもマルチーズも超小型犬なので、生まれてくるチワマルも小さな体となります。

基本的に、チワワとマルチーズの中間サイズです。

マルチーズの印象が強めですが、よく見ると顔にチワワっぽさもあります。

フレンドリーな性格をしていて、飼い主に忠実で活発な性格をしています。

シングルコートでふわふわの被毛は、マルチーズの特徴が強く出ています。

ブラック、クリーム、ホワイト&ブラックといった毛色があります。

マルーキー

マルチーズ×ヨークシャーテリア

親の特徴

ヨークシャーテリアは、体重2~3kgの小型犬です。

性格は勇敢で忠誠心が強く、テリアらしく賢い犬種です。

長い被毛が魅力的で、毛色にはブラック&タン、ブラック&ゴールド、ブルー&タン、ブルー&ゴールドの4種類があります。

マルーキーの特徴

ヨークシャーテリアは、ヨーキーとも呼ばれるのでこの名前が付けられました。

マルーキーの性格は、愛情深く社交的で遊ぶのが大好きです。

顔の特徴はヨークシャーテリアに似ること多く、ヒゲや眉毛が印象的です。

ポメマル

マルチーズ×ポメラニアン

親の特徴

大人気の小型犬であるポメラニアンは、小さな体に大きな瞳が印象的です。

フワフワの被毛をしていて、まるでぬいぐるみのようです。

体重は3kgくらいにしかならず、小さな体で元気いっぱいに動き回る様子も可愛らしいです。

明るくフレンドリーな性格をしていて、頭も良いです。

勇敢な一面もあり、番犬になったりもします。

ポメマルの特徴

体重2~3kgで、マルチーズとポメラニアンの中間くらいの大きさになることが多いです。

ポメラニアンに似た耳と尻尾、長い被毛を持つことが多いようです。

顔つきはマルチーズらしさが出て、穏やかな雰囲気です。

毛色のバリエーションが豊富で、白、黒、茶、レッド、オレンジなど様々ですが、よく見るのは白っぽい色やオレンジっぽい色です。

性格は活発で、よく遊びます。

ポメラニアンに似て警戒心が強いところがあり、初対面の犬や人に吠えてしまうことも。

吠えグセがつかないように、子犬の頃から社会性を身につけさせてあげると良いでしょう。

他の犬や人と接する機会を設けるようにしましょう。

マルパピ

マルチーズ×パピヨン

親の特徴

パピヨンはとても小さく、超小型犬に分類されています。

体重3.2~4.5kgで、体高20~28cmくらいです。

見た目は小さく華奢なイメージですが、意外と骨格がしっかりしている犬種です。

耳と尻尾の飾り毛が特徴で、気品が漂っています。

活発で頭が良く、フレンドリーな性格が特徴です。

マルパピの特徴

可愛らしさと気品が合わった、とても魅力的な外見をしています。

体重は3kg未満で、とても小さいのが特徴です。

性格はどちらの特徴が強く出るかによって違ってきます。

従順な性格が強く出ると、飼い主に自分を見て欲しくて頑固な面が出ることもあるようです。

子犬の頃からしつけることによって、そういう部分は抑えられるでしょう。

甘やかし過ぎず、一貫した姿勢で育てることが大切です。

最後に

純白の被毛と愛くるしい顔つきが人気のマルチーズ。

そんなマルチーズとのミックス犬についてまとめましたが、いかがでしたか?

マルチーズの性格を受け継いで、従順で愛情深く遊び好きな性格になることが多いようです。

体つきは小さく、基本的にはもう片方の犬種との中間サイズになります。

ミックス犬を飼う前に頭に入れて置くことがあります。

それは、必ずしも期待通りの成犬にならないということです。

体のサイズも性格も、どちらの犬種に似るかによって個体差が生じます。

もし予想と違っていても、最後までお世話をすると心に決めてからお迎えしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる