狛犬のモデルになったシーズーって、どんな犬?シーズーの特徴や性格について。

シーズーと聞くと、モフモフの長毛と大きな垂れ耳、笑っているような顔を思い浮かべることと思います。

外見だけでなく、その性格もとても可愛らしいんですよ。

フレンドリーで子供がいる家でも飼育出来るということで、ペットとして大人気です。

e363870b0ee35261047c2e3983b85f7b_s_100919_111254_AM

これからシーズーを飼育したいと思っている人も多いと思います。

そこでここでは、シーズーの特徴や性格をまとめてみました。

目次

シーズーの歴史

シーズーは、長い間中国の王朝で飼育されていた、とても古い歴史のある犬です。

ペキニーズとラサアプソから作られた犬種で、昔はラサアプソに分類されていましたが、1934年にシーズーとして独立しました。

チャイニーズ・ライオンドッグと呼ばれることもありますが、このライオンは空想動物の獅子のこと。

日本の狛犬のモデルになった犬なんです。

[cc id=8857]

シーズーの体の特徴は?

体重 ・・・ 4.5~8.1kg、体高 ・・・ 27cm

寿命 ・・・ 10~16年

シーズーの顔の特徴は、マズルが短く下顎が前に出ています。

四肢はたくましく、胴体もしっかりしています。

被毛は、長毛でダブルコートです。

下毛はそれほど密集していませんが、ストレートの上毛が密集しているので、定期的にブラッシングをしましょう。

色々な毛色があります。

シーズーは、どんな性格をしているの?

温和で愛情深い

シーズーは、家族に対して深い愛情を持ってくれます。

穏やかでのんびり過ごすのが好きな犬で、神経質なところがないので子供がいる家庭でも飼育できます。

好奇心旺盛

とても好奇心が強く、初対面でもフレンドリーに接します。

遊ぶのが大好きな、可愛らしい性格をしています。

頑固な面もある

フレンドリーで愛玩犬にピッタリな性格のシーズですが、頑固な面もあります。

甘やかして育てるのではなく、飼い主がリーダーシップをきちんと取るようにしましょう。

そのためには、しっかりと信頼関係を築くことが大切です。

また社会化も大切です。

子犬の頃に、たくさんの犬や人に会わせましょう。

飼育上の注意点

シーズーは、室内飼育をするようにしましょう。

飼い主と一緒に過ごすのが好きなので、リビングに居場所を作ってあげると良いでしょう。

暑さに弱いので、しっかりと熱中症対策する必要があります。

足が短く段差が苦手です。段差を少なくすることは、椎間板ヘルニアの予防になります。

ブラッシングを定期的に行い、毛玉や皮膚病の予防に努めましょう。

最後に

友好的で穏やかな性格のシーズーは、愛玩犬として初心者さんにおすすめ出来る犬種です。

新しい環境に馴染みやすく、子供のいる家庭でも仲良く暮らしていけます。

ですが、警戒心が強い一面もあります。

子犬の頃からの社会化がポイントとなりますので、家族以外の人や犬にも会わせるようにしましょう。

しつけもしやすいので、きっと素敵なパートナーになってくれますよ。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる