鯛にはどのような栄養や効能がある?美味しい鯛の選び方について。

あなたは、鯛を食べますか?

鯛は8割が養殖で天然物は少ない為、天然物を食べられるのは貴重です。

鯛は食べるとコリコリした食感と旨みがあるので、食べる人は多そうです。

s-4001723_s_050121_095358_AM

鯛は「めでたい」にかけてお祝い事などに出されるので、縁起の良い魚として人気があります。

鯛にはどのような栄養があるか、効能や美味しい選び方などをまとめてみました。

目次

鯛にはどのような栄養があるか?

鯛は美味しいので栄養がたっぷり入っている魚ですが、どのような栄養が入っているか詳しく知らない人も多数いそうです。

どのような栄養が入っているか分かると、じっくりと噛みしめて食べます。

どのような栄養があるか、見てみます。

タンパク質

筋肉や皮膚・血管・肌・髪など、人間にとって体を構成する要素として重要な栄養素の一つです。ホルモンや免疫物質を作り、体中に栄養を運ぶ働きもあります。

肉よりも筋が柔らかく、体に優しいので沢山食べると良さそうです。

脂質

細胞膜を構成する成分で、ビタミンの吸収を助ける働きがあり効率の良いエネルギー源になっています。

カリウム

細胞の浸透圧を調整する機能があり、多く摂取した塩分を排出する働きがあります。

塩分が排出されやすくなると、体のだるさが改善して血管を圧縮するものがなくなります。

タウリン

血中コレステロールが高いと病気の原因になる為、血中コレステロール値を下げる成分が含まれています。血中コレステロールを下げることで、病気を予防できます。

タウリンは水溶性で水に溶けやすい性質を持っている為、スープなどの汁ごと食べることで効率よく成分を摂取できます。

ビタミンB1

乳酸を分解して、エネルギーに変える役割を持っています。体は運動すると乳酸がたまり疲れを感じるので、ビタミンB1が含まれている鯛を食べると疲れが減少します。

糖質をエネルギーに分解するときにも必要なので、白米を主食としている日本人にはとても必要な栄養素です。

鯛にはどのような効能があるか?

鯛は「美味しいから」「好き」という理由で、食べる人が多数います。

しかしそれだけでなく鯛を食べると、様々な体に良い効能があります。

どのような効能があるか、気になるので見てみます。

生活習慣病の予防

脳内のコレステロール値を下げる効果があり、脳梗塞を予防できます。

血中コレステロールの沈着を防ぐ効果があり、狭心症や心筋梗塞の予防に役立ちます。

血液のサラサラ効果があり、高血圧や動脈硬化予防などが改善されます。

すでに病気を抱えている人は、特に食べると良さそうです。

むくみ・冷え性の改善

塩分が排出されやすくなると体のだるさが改善され、血管を圧縮するものがなくなるので顔のむくみなどが改善されます。

胃腸を整えて消化吸収機能を高める作用や、利尿作用があるのでむくみ改善に役立ちます。

血行を促す働きが期待できる成分も多く含まれている為、冷え性の軽減に役立ちます。

目の健康

血行を促すことで、目の疲れを和らげる働きやコリの緩和に繋がります。

目の網膜を刺激から守り、目の負担軽減や疲労回復などに期待できます。

目の新陳代謝が活発になり角膜の修復など、目の健康維持にも役立ちます。

美肌・美髪効果

成長ホルモンを促すことで、皮膚のダメージ修復を高める働きが期待できます。

肌の潤いを保つ働きなども多いので、ハリや潤いの効果に役立ちます。

肌の酸化を予防することで、アンチエイジングの効果にも期待できそうです。

新陳代謝を高めることで皮膚を健康に保つ働きがあり、肌荒れやなどにも役立ちます。

アミノ酸代謝やコラーゲン生成の働きもあるので、育毛効果・色素細胞を活性化することで白髪予防にも繋がりそうです。

鯛の美味しい選び方は?

美味しい鯛を食べるには、やはり美味しい鯛を選ぶ必要があります。

しかし、どれが美味しい鯛なのか分からない人は多そうです。

美味しい鯛を選べると、食卓にも一段と華が咲きます。

美味しい鯛を選ぶには、どのような方法があるのか見てみます。

目が澄んでいて、濁りがなく黒目がはっきりしているものを選びます。

目の上が、青っぽい紫色に輝いているものは鮮度な証拠です。

まず目がキレイな鯛を見て選べるので、初心者でも分かります。

どの鯛が美味しいというのが分かると、選ぶのに楽しさが増します。

色・お腹

体全体の色が鮮やかで、艶がありコバルトブルーの斑点があるものがオススメです。

丸々とふっくらしているものは脂が乗っていて、全体を見た場合に丸みを帯びて弾力のあるものを選ぶと間違いなさそうです。

エラ

色が鮮やかな赤なら、新鮮な証拠になります。意識して見てみると、白っぽいものや黒っぽいものの違いがあるので分かります。

鮮度が落ちているものは、色が褪せて血の気のない色になるので選ぶときに注意する必要があります。

最後に

鯛にはどのような栄養があるか、効能や美味しい選び方があるか分かりました。

鯛は結婚や就職など、様々なお祝い事に食べるというイメージがあります。

鯛は色々な栄養が豊富に含まれているので、老若男女問わずご家庭で食べるのも良さそうです。

スマホなどの普及で、最近は目が悪くなる人も多数います。

鯛を食べることで、少しでも目の予防に気を付ける必要があります。

鯛は肌にも良いので、沢山食べて気持ちが良くなると健康にも繋がります。

しかし、食べ過ぎには気を付ける必要があります。

鯛を食べて、家族みんな健康に笑顔で過ごすと良さそうです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる