犬フィラリア症って、どんな病気?症状や予防法について。

犬を飼っている人の間では、常識となっているフィラリア予防。

今は薬や注射で予防が徹底されていますが、昔は犬の死因の上位だったそうです。

402970cb768cff82217c44e2b28fba00_s_031620_040941_PM

犬フィラリア症という言葉はよく耳にしますが、どんな病気か詳しくご存知でしょうか?

ここでは、犬フィラリア症がどんな病気なのか、予防法や治療法もお話いたします。

目次

犬フィラリア症(犬糸状虫症)って、どんな病気?

フィラリア(犬糸状虫)が犬の体内に入り、心臓や肺動脈に寄生すると起こる病気です。

心臓の機能障害だけでなく、肺や肝臓、腎臓、血管への悪影響があります。

初期症状としては、咳をしたり痩せてくるといった様子が見られます。

運動を嫌がり、食欲もなくなります。

呼吸が速く、散歩後に失神することもあります。

症状が進んでくると、貧血や腹水、血尿が見られるようになります。

貧血になると口や目の粘膜が白っぽくなり、腹水はお腹が膨れてきます。

[cc id=8790]

どうやって犬に寄生するの?

フィラリアは、蚊によって運ばれます。

フィラリアに感染している犬の血を吸うと、蚊の体内にミクロフィラリア(フィラリアの幼虫)が入ります。

その蚊が別の犬を刺すと、ミクロフィラリアがその犬の体内に入ります。

ミクロフィラリアは犬の血管内で成長します。

そして成虫になると、心臓付近に寄生するのです。

[cc id=8791]

フィラリアは人間にも感染するの?

フィラリアは犬だけでなく、猫にも感染します。

ですが、猫の体内では幼虫が育ち難いようです。

人間は刺されても感染しないので、安心して大丈夫です。

[cc id=8996]

犬フィラリア症の予防方法

恐ろしい犬フィラリア症ですが、ちゃんと予防対策をすればそれ程心配することはありません。

予防方法には、3つあります。

飲み薬

月に1回飲ませましょう。

錠剤やチュアブルがあります。

滴下剤

薬を首に垂らすタイプで、月に1回行います。

ノミやダニの予防も出来ます。

注射

1回の注射で、半年~1年間効きます。

うちの犬は病院に行くと大暴れして大変でしたので、薬で予防をしていました。

薬が苦手なワンちゃんでしたら、注射の方が楽かも知れませんね。

どれも効果があるので、愛犬の性格に合わせて決めると良さそうです。

[cc id=8791]

感染したら、どんな治療をするの?

もし感染してしまったら、血液検査や超音波検査で成虫の数を調べます。

成虫が少なければ、駆虫薬で対応します。

たくさんの成虫には、外科手術を行います。

フィラリアを取り除いても、心臓の機能障害が残る場合があります。

その場合は、虫が居なくなってからも治療を続けなくてはなりません。

[cc id=8996]

最後に

かつては犬の死因の上位であった、犬フィラリア症についてお話をしました。

フィラリアは蚊が媒体となっており、次から次へと感染が広がっていきます。

寄生されると心臓の機能障害などが起こるので、大変恐ろしい病気です。

ですが予防をしっかりとしていれば、心配することのない病気です。

愛犬のためにも、薬や注射で予防をしていきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる