たるんだ皮膚が特徴のシャーペイって、どんな犬なの?特徴や性格について。

体中の皮膚がたるんでいる、シャーペイという犬をご存知でしょうか?

大変長い歴史を持ち、古代犬種のハンドッグが先祖だと言われています。

藍色の舌も特徴的で、見た目のブサカワさがペットとして人気になっています。

それでは、シャーペイの特徴や性格についてご紹介いたします。

目次

シャーペイの歴史について

シャーペイは、中国やチベット原産だと言われています。

約2000年前の漢王朝時代に生まれた犬で、舌が紫なのでチャウチャウの祖先とも言われています。

中国で農民の番犬とされていたシャーペイは、闘犬として使われるも多かったようです。

そんな中で、闘犬として有利な体に選択繁殖されました。

そして、ダメージを受け流せるシワシワの皮膚や、眼球をガードするための窪んだ目を持つようになりました。

中国政府は犬の飼育が食物の無駄遣いであるとして、犬を大量に殺したそうです。

シャーペイも絶滅の危機に瀕しましたが、香港からアメリカに渡り、アメリカで繁殖されるようになりました。

そして1974年に、アメリカンケネルクラブで新犬種として登録されました。

シャーペイの身体的特徴は?

体重 ・・・ 25~30kg、体高 ・・・ 44~51cm

大きい頭に小さな目と耳、短くて大きな口先が特徴の、中型犬です。

首は太く、全身がしっかりした筋肉に覆われています。

皮膚にたるみがあり、独特な風貌をしています。

シャーペイの性格は?

物静かで落ち着きのある性格をしています。

いつも冷静で、感情をあまり見せません。

家族には愛情深く明るい面を見せ、子供と遊んだりもします。

警戒心が強く、家族以外の人には攻撃的になることもあります。

飼育上の注意点

番犬としての歴史が長いので、警戒心がとても強いです。

知らない人が苦手で、家族を守ろうとするあまり攻撃することもあります。

飼い主と一緒に過ごす事を好むので、長時間留守にする環境での飼育は難しいでしょう。

運動は、1日2回(1回30分以上)が基本です。

運動不足はストレスとなり、攻撃性が高まる原因になります。

暑さに弱いので、熱中症対策はしっかりと!

冷房で温度管理が出来る、室内飼育が向いています。

賢く冷静なシャーペイは、飼い主がリーダーにふさわしいかどうかしっかり見ています。

しっかりとリーダーシップを取れないような飼い主は、信用されずしつけが上手くいきません。

子犬の頃から社会化もきちんと行いましょう。

皮膚病のリスクが高いので、シャンプー後はシワの間をよく乾かしましょう。

最後に

シワシワの体や顔で、個性的な外見が魅力のシャーペイについて、特徴や性格をご紹介いたしました。

怖い顔をしていますが、冷静で落ち着きがあり頭の良い犬です。

室内で飼い主と一緒に過ごすのが好きなので、留守が多い家庭にはおすすめ出来ません。

また闘犬としての歴史があり、闘争心の強い面もあるのでしつけはしっかりする必要があります。

熱中症や皮膚疾患の予防など注意点がいくつかあるので、よく考えてからお迎えしましょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる