MENU

いちじくには、どのような栄養や効能があるの?無花果の栄養と効能について。

果物は沢山ありますが、その中でも「いちじく」という果物があるのを知っていますか?

いちじくは「不老長寿の果物」と呼ばれていますが、あなたは食べたことがありますか?

s-4144294_s_010321_065251_PM

「聞いたことがあるけど、食べたことはない」という人や、「もちろん食べたことはある」という人など様々です。

いちじくには、どのような栄養や効能があるのかまとめてみました。

目次

いちじくにはどのような栄養がある?

いちじくは、独特の甘酸っぱい風味と粒々の食感が特徴的です。お店でも見かけるので、食べる人が多そうです。

あまり食べない人も、どのような栄養があるか分かると食べる人も増えてきます。

どのような栄養があるか、気になるので見てみます。

ペクチン

ペクチンは水分を保つ性質があり、小腸で脂質の消化吸収を助ける働きがあります。

他にも、体内の消化管の壁にくっつくことで胃の消化を遅らせるのに役立ちます。

また、水溶性食物繊維が含まれているので腸内環境を整える働きがあります。

カリウム

カリウムは、体内の余分なナトリウムや水分を尿や汗とともに体外に排出する働きがあります。カリウムは塩分を排出する働きがある為、塩分の取り過ぎを調整するのに役立ちます。

辛い料理やお菓子を食べたら、カリウムが豊富な食材を積極的に摂取します。

鉄は、血液中の赤血球に含まれるヘモグロビンの材料となるので全身に酵素を運ぶ働きがあります。鉄は、骨や血を作り出すのに大切な栄養素です。

鉄を摂取することで効率的に血を造り体中に巡る為、疲れにくい体になります。不足しがちな栄養分なので、意識して摂取すると良さそうです。

いちじくにはどのような効能がある?

「いちじくは好きで食べるけど、どういう効能があるか知らない」という人も多数います。

いちじくが好きな人は知っていますが、美味しいから食べているという人が殆どです。

どのような効能があるか、見てみます。

むくみ改善

体に不必要な水分や毒素が排出される効能が高まる為、むくみの解消や改善に効果的です。

立ち仕事やデスクワークなどで同じ姿勢が多い人は、摂取すると良さそうです。

高血圧予防の効果もあり、細胞を健康にしてくれるので身体機能が向上します。

食物繊維

腸内の善玉菌の乳酸菌を増やして、腸内環境を整えることが大切です。

乳酸菌が増えると腸が活発に動き、消化を促すことで胃腸の負担を軽減して便秘の解消や改善にも効果的です。

生活習慣病予防

コレステロールの値や血糖値を下げる効果がある為、糖尿病の予防にも役立ちます。

食物アレルギーの抑制作用やガン肝転移の抑制作用、抗腫瘍活性などの予防効果もあります。

美肌・肌荒れ効果

皮膚や粘膜の健康を維持する働きがあるので、肌荒れやニキビなどの肌トラブルも予防効果があります。美白効果にも予防効果があるので、女性には嬉しい食べ物です。

しわやシミなどの肌の老化予防や、アンチエイジングにも効果的です。

貧血予防

貧血の、予防や改善に効果的です。また骨を丈夫にしてくれるので、骨粗しょう症の予防にも効果的です。成長期のお子さんも食べると骨も丈夫になりますが、お子さんは好き嫌いが多いので家族みんなで食べると良さそうです。

いちじくの美味しい食べ方は?

いちじくを食べるなら、やはり美味しい物を食べたいと思う人が殆どです。

人によっては「色々な方法を試して食べている」という人や、「いつも同じ食べ方です」など人により違います。

いちじくには、どのような美味しい食べ方があるか見てみます。

皮付きで煮る食べ方

皮付きの食べ方でオススメは煮ることで皮が付いている為、型崩れも防げて硬い皮も柔らかくなります。また甘みが強くとろりとした食感を楽しめるので、苦手な人も一度試してみるとまた食べたくなります。

煮るときには、洗った皮付きのいちじくに爪楊枝や竹串で穴を開けて煮ることです。砂糖と一緒に煮詰めるとジャムになり、赤ワインやレモン汁などで煮るとコンポートが出来ます。

皮付きで焼く食べ方

いちじくを焼いて食べる方法は、コンロに焼き網を乗せてそのまま皮を軽く焼くと皮がパリパリと香ばしく実の甘さもあり美味しさが倍増します。

焼いて温かいいちじくに冷たいアイスを添えると、温かさと冷たさが一緒に食べられるので美味しそうです。

オリーブオイルをかけて食べると、さっぱりした美味しさで風味があります。

また4等分に切り、溶けるチーズなどを乗せてオーブンで焼くとチーズの塩気といちじくの甘さのコラボレーションでおつまみに変身です。

皮なしで生での食べ方

果物はその物を美味しく味わうなら、やはり生で食べることがオススメです。4等分などにカットして、包丁でキレイに剥けます。

ヨーグルトに入れて食べると、優しい甘味がヨーグルトの酸味にマッチします。

いちじくをサラダに入れると、美味しく食べられます。バゲットに、チーズやバターといちじくを一緒に乗せて食べると普段とは違う食べ方になります。

少し豪華に、生ハムと一緒に食べるのも良さそうです。

最後に

いちじくには、どのような栄養や効能や美味しい食べ方があるか分かりました。

女性に嬉しい栄養や効能が入っているのが分かったので、女性は沢山食べると良さそうです。

パソコンで仕事をする人やスマートフォンをよく見る人は、いちじくを食べると体にも変化が現れます。

いちじくを食べて、生活習慣を見直して長生きすると家族からも喜ばれます。

老若男女関わらずに食べると、おやつに食べたり・大人はお酒のおつまみになり家族で食べると楽しみが増えて会話が増えます。

いちじくが好きな人はもちろん、苦手な人もこれを機会に食べることをオススメします。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる