MENU

磯遊びの思い出と共に。カニ(イソガニ)を連れて帰って飼育してみませんか?

家族で海に行ったりすると、子供が岩場でカニを捕まえて大喜びしますよね。

そのカニを「飼いたい!」と言い出すことも、珍しくないでしょう。

f5ab861732c06d1febab759ab6cee55e_s_091019_112837_AM

海の生き物を飼うのは難しいイメージがありますが、意外と簡単に飼育出来るんですよ。

ここでは、イソガニに飼育方法についてご紹介いたします。

目次

イソガニって、どんなカニ?

イソガ二は、海の岩場にいるカニです。

色々な色や柄があるので、気に入った柄のカニを飼育すると楽しみも増しますね。

大きさは甲幅2.5~4cm程度です。とても小さなカニですので、飼育スペースもそんなに必要ありません。

平らな体に、まだら模様の甲羅、白いお腹が特徴です。

イソガニの生息地は、熱帯地域から亜寒帯地域まで幅広い範囲です。

日本の殆どの海で見る事が出来ますよ。

ただし、海水濃度の薄い汽水域や河口付近ではあまり見掛けません。

イソガニの飼育方法

イソガニは海水がないと飼育出来ません。

海水が手に入らない場合は、ペットショップで人工海水の素を購入して、自分で作りましょう。

比重を合わせるために、比重計も用意してくださいね。

慣れれば簡単に作れるようになりますよ。

容器は、ガラスでもプラスチックでも構いません。

あまり狭いと酸欠になったり、水質の悪化が激しくなるので、可能な限り広い方が良いでしょう。

ケース内には底砂を敷き、隠れ家になりそうな岩やブロックも入れてあげましょう。

エアポンプやろ過装置をつければ、水交換の頻度が少なくて済みますよ。

餌は何を与えれば良いの?

イソガニは、市販のザリガニの餌を食べてくれます。

乾燥エビやしらす、アサリなども食べますが、水質が悪くなりすいのでザリガニの餌がおすすめです。

ザリガニの餌の場合でも、食べ残しはきちんと取り除くようにしましょう。

気を付けること

ケースに入れるイソガニは、1匹が良いです。

脱皮の時に、ほかのカニに襲われてしまう事があるからです。

また、フィルターなどの掃除には海水を使うようにしましょう。

真水を使うと、せっかく住み着いたバクテリアが死んでしまうからです。

バクテリアは水質安定のために必要ですので、大切にしたいのです。

最後に

平べったい体で岩場を走り回るイソガニは、子供達に大人気の磯の生き物ですね。

大きさが小さいので、挟まれても痛くないのも人気の秘密でしょう。

海から遠い場所に住んでいる場合は、飼育する際には人工海水を作る必要がありますが、慣れれば簡単です。

手が掛かるのが当たり前のアクア系の生き物の中では、飼育難易度は低い方でしょう。

もし海水を作るのに疲れたり、飼育出来ないと感じたら、すぐに元居た場所に返してあげてくださいね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる