MENU

人気の長毛種の猫8選!長毛種の猫の特徴と飼いやすさについて。

フワフワの毛並みが魅力的な、長毛種の猫が人気を集めています。

抜け毛が多くこまめなブラッシンガ必要となるものの、それもコミュニケーションの一つとして多くの人に楽しまれています。

一口に長毛の猫と言っても、体の大きさや性格の特徴など、種類によって違っています。

そこでここでは、長毛種にはどんな猫がいるのかを紹介していきたいと思います。

長毛種の中から、特に人気のある猫を集めてみましたよ。

目次

メインクーン

アメリカ生まれの猫で、大きくガッチリとした骨格が特徴です。

耳と尻尾の毛がフサフサしていて、チャームポイントとなっていますよ。

性格は、フレンドリーで他の猫とも上手くやっていけます。

頭が良く、犬のように指示を聞くようになることもあるそうです。

体が大きく運動量も多い猫なので、キャットタワーは大きめの物を用意しましょう。

広々とした飼育スペースを確保出来る人におすすめです。

ヒマラヤン

大人気のヒマラヤンは、長毛の猫を代表する種類です。

北アメリカやイギリスが原産国で、ペルシャとシャムを交配させて1924年に作られました。

白い体と、足や尻尾の先、耳や鼻が黒くなっているのが特徴です。

被毛は分厚くて、手触りが滑らかなのが特徴です。

丸くて大きな頭と短い鼻が印象的な猫です。

大人しくて頭の良い猫で、しつけがしやすいでしょう。

のんびり過ごすのが好きで、高い所にはあまり登りません。

上品な雰囲気の猫と言えるでしょう。

社交性が高いので、子どもがいる家でも上手く暮らしていけますよ。

ブリティッシュ・ロングヘア

ブリティッシュ・ショートヘアは、チェシャ猫のモデルとして知られていますよね。

それの長毛版が、ブリティッシュ・ロングヘアです。

鼻が短めで、幼い表情が魅力的です。

毛色や目の色が豊富です。

ペルシャ

イギリス原産の猫です。

正確なことは分かっていませんが、少なくとも16世紀から存在する、長毛猫の代表種です。

ショーキャットとしての歴史も古く、長年世界中の人に愛されてきました。

高貴な雰囲気の容姿が人気です。

足が短く、ずんぐりした体形をしています。

気品に溢れた顔立ちや、顔が潰れたようなブチャ可愛い子など、様々です。

穏やかで上品な雰囲気の猫で、飼育しやすい性格をしていますよ。

運動量が少なめで、あまり鳴かないのも特徴と言えるでしょう。

集合住宅の人におすすめです。

ラグドール

ルーツは、アメリカのカルフォルニア州にあります。

大型種の猫で、メスは4.0~6.0kg、オスは4.5~7kgになります。

「ぬいぐるみ」という意味のラグドールは、比較的新しい品種ですが既にたくさんの人に飼育されています。

ブルーの美しい瞳が印象的で、胸の前まで長い被毛に覆われています。

ベースは白で、手足、耳先、尻尾、顔などに濃い色が入ります。

成長速度がゆっくりで、完全な成猫になるには4年かかります。

この間にしっかりと体を作ってあげることが、元気に長生きして貰うポイントです。

栄養バランスの良い食事を与え、適度な運動をさせましょう。

運動と言っても、ラグドールは激しい運動は苦手なので、オモチャでのんびり遊んであげる程度で良いでしょう。

フレンドリーで人懐っこい性格をしていて、猫にしてはあまり鳴かず物静かな雰囲気の猫です。

飼い主さんに抱っこされるのが好きなので、スキンシップをたくさんとりたい人におすすめです。

バーマン

原産はミャンマー周辺です。

背中に淡い黄色の毛があり、これはゴールデンミストと呼ばれています。

顔や耳、尻尾の色が濃くなっているのが特徴です。

足先は白くなっていて、前足の白い部分をグローブ、後ろ足の白い部分はレースと呼んでいます。

シルクのような手触りの被毛と、吸いこまれるようなブルーの瞳が魅力的な猫です。

体格はしっかりしていて、大きめの体をしています。

性格は落ち着いていて愛情深く、家族と一緒に居たがります。

子どもがいる家庭や、他にもペットがいる場合でも仲良くする事が出来るでしょう。

長毛なのでブラッシングの必要はありますが、毛の量は多くないです。

そのため、毛が絡まりにくく、抜け毛も少ないようです。

他の長毛種に比べて、お手入れは楽な方ではないでしょうか。

ペットショップに出回っている事が少ないので、入手方法としてはブリーダーさんを探すのが一般的です。

ミヌエット

しっかりした骨格で、丸い頭と太い首、短めの足が特徴です。

ショートヘアも存在しています。

体重は2~4kgで、小柄な猫です。

ペルシャとマンチカンを両親に持ち、それぞれの性格を受け継いでいます。

柔らかい被毛はペルシャ、短い足とがっしりした体格はマンチカンらしさが出ています。

丸っこい頭に、丸みのある小さい耳がついていて目もまん丸です。

とても愛らしい顔をしています。

性格もペルシャとマンチカンの両方の特徴を持っています。

ペルシャのように甘えん坊で、マンチカンのように好奇心旺盛で活発な性格をしています。

人懐っこいですが、一人で居たい時はそっけない態度を取ります。

とても猫らしい性格をしていると言えるでしょう。

ノルウェージャン・フォレスト・キャット

ノルウェーが原産の猫なので、他の種類より被毛が分厚く寒さに強いです。

比較的大きな体をしていて、メスは3.5~5.5kg、オスは4.5~7.0kgです。

とても古い歴史があり、ルーツは4000年以上前まで遡るという話もあります。

なんと、ノルウェーの神話にも登場しているんですよ。

頭が良く、人間とフレンドリーに接してくれます。

共同生活を好む猫で、寂しがり屋な面があります。

留守番が苦手なので、長時間留守にする人にはおすすめ出来ません。

木登りが得意なので、キャットタワーは高さのある物を選ぶと良いでしょう。

活発に運動するタイプなので、十分な運動スペースを設けてあげる必要があります。

最後に

長毛種の猫の中から、人気の高い品種を紹介いたしましたが、いかがでしたか?

ふわふわの被毛に覆われた姿には、気品を感じますね。

魅力いっぱいの長毛種ですが、こまめなブラッシングが必要となります。

夏の暑さ対策もしっかりしないといけません。

大変な事もありますが、それだけに可愛さも倍増という飼い主さんが多いんですよ。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる