ぷにぷに感がたまらない!猫の肉球の役割や正式名称について。

猫の肉球と言えば、可愛らしさの代名詞とも言えるほど、たくさんの人に愛されていますよね。

猫の肉球に関連した商品も多く販売されているのを見ると、いかに人気があるか分かります。

df9268624550f6444b71a0365b679ea2_s_121019_084749_AM

ぷにぷにして可愛らしい肉球には、実はたくさんの秘密が詰まっているんです。

今回は、猫の肉球の秘密に迫ってみたいと思います。

目次

肉球には正式名称がある

肉球と言う呼び方が一般的ですが、これは俗称です。

正式名称は「蹠球(しょきゅう)」です。

そして、それぞれの部分ごとに呼び方が決まっているんです。

前足の肉球の名称

掌球(しょうきゅう)・・・前足の一番大きな肉球

指球(しきゅう)・・・掌球の上にある、指部分の肉球

狼爪(ろうそう)・・・親指にあたる部分の肉球

手根球(しゅこんきゅう)・・・手首の辺りにある小さな肉球

後ろ足の肉球の名称

跡球(しきゅう)・・・指にあたる部分の肉球

足底球(そくていきゅう)・・・後ろ足で一番大きな肉球

肉球の構造

ぷにぷにした肉球の中身がどうなっているか、ご存知でしょうか?

肉球の断面は外側から、表皮-a、角質、真皮、コラーゲン-b、皮下組織、脂肪細胞-c、と言う順番で並んでいます。

一番外側の表皮は硬くなっており、その下に角質層が重なり合っています。

血管や神経は脂肪の下にあるので、熱さや冷たさに対応出来るようになっています。

脂肪の部分には、網目状の弾性繊維があります。

肉球のぷにぷにした感触は、この弾性繊維によるものです。

肉球に怪我をすると、傷が開きやすく治りが遅くなりがちです。

日頃から肉球に気を配ってあげましょう。

肉球用の保湿クリームなども売られていますよ。

肉球は何のためにあるの?

獲物を捕らえるため

狩りをする時は獲物に少しずつ近づき捕らえるのですが、その時に音を立てないように肉球が存在しています。

滑り止め

木に登った時や、獲物に飛びかかる時に滑り止めの役目をしています。

衝撃吸収

高い所から飛び降りた時などに、クッションの役割をして足への負担を減らします。

物をつかむ

爪と肉球の間に挟んで、物を掴むことが出来ます。

うちの猫も肉球を上手く使って、物をすくい上げたりしています。

肉球の色について

様々な色の肉球が存在しますが、これは猫の毛色によって左右されているようです。

毛色が薄いと肉球の色も薄く、毛色が濃いと肉球の色も濃いです。

我が家のサビ猫(まだら模様の毛)は、肉球の色もまだらです。

肉球のにおいについて

猫の足って、独特な香ばしいにおいがしませんか?

ポップコーンのような香りにも思えます。

これは、肉球にある汗腺から出る汗のにおいなんです。

汗が指の間で蒸れることで、においを発しているのです。

最後に

ぷにぷにの感触が気持ちいい猫の肉球についてお話をしましたが、いかがでしたか?

我が家の猫は完全室内飼育なので、肉球が柔らかめです。

外を歩く猫は、固めの肉球をしていますよ。

猫の肉球の秘密を知ると、もっと肉球が好きになっちゃいそうですね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる