MENU

うさぎの体にはどんな特徴があるの?うさぎの習性や魅力について。

うさぎの体の特徴と聞くと、真っ先に思い浮かべるのが長い耳ではないでしょうか?

それとも、ふっくらとした口元でしょうか?

可愛らしい尻尾を思い浮かべる人もいることでしょう。

耳や口元、尻尾の他にも、うさぎには特徴的な部分がたくさんありますよ。

ここでは、うさぎの体の各部分の特徴を紹介していきたいと思います。

また、うさぎの魅力的な部分も一緒に紹介してきますね。

目次

うさぎはどんな生き物なの?

まずはうさぎについて簡単にまとめますので、ちょっと目を通してみてくださいね。

その後で、目や鼻、口など、各部分の特徴を細かく紹介していきたいと思います。

草食動物であるうさぎは、野生では肉食動物に狙われる存在です。

敵から逃げるためには、出来るだけ早く危険に気付く必要があります。

そのためにうさぎの体は、素晴らしい進化を遂げました。

わずかな音でも聞き逃さない長い耳と、速く走るため強靭な筋肉を持った足、そしてものすごく軽量化された骨。

うさぎは妊娠率が高くて子沢山ですが、これは弱い立場でもしっかりと子孫を残すためです。

現在ペットとなっているうさぎは、元々はヨーロッパのアナうさぎでした。

野生のアナうさぎは地下に掘ったトンネルで暮らしているので、薄暗くても目が見えるようになっています。

それに加え、口やヒゲの感覚が鋭いのが特徴です。

警戒心や縄張り意識が強い面は、ペットとして品種改良される中でも受け継がれています。

ただ、やはり個体差はあって、警戒心があまり無い子もいるようです。

もしお迎えする時には、ペットショップの店員さんやブリーダーさんに、性格も聞いてみると良いでしょう。

うさぎの体の、各部分の特徴について

それでは、うさぎの体についてもっと細かく見ていきましょう。

耳の特徴

うさぎと言えば、きっと誰もが思い浮かべる長い耳。

うさぎの絵を描く時なども、耳を長くしておけばとりあえずうさぎと分かって貰えます。

長くて可愛い耳は、音を集めやすい形になっています。

そして、よく見ていると結構細かく動いているんですよね。

左右別々の向きに動かすことで、音の場所を特定することが出来るんですよ。

耳の役割は音を聞くだけではありません。

もう一つの大きな役割が、体温調節です。

耳には太い血管があるので、ここに風が当たる事で体温を下げることが出来るんです。

走りながら放熱が出来ちゃうなんて、とても効率が良いですよね。

目の特徴

うさぎの真っ黒で大きな瞳は、とても可愛らしいですよね。

まずは、目が付いている位置を思い浮かべてください。

うさぎの目って、顔の横についていますよね。

こういう動物は視野が広く、うさぎは約360℃見ることが出来るそうです。

ただ、正面を見るのは苦手で、口の辺りの物はヒゲの感覚で確かめているようです。

うさぎを飼っている人はお気付きと思いますが、うさぎって瞬きをあまりしないんですよね。

厳しい野生の暮らしでは、ちょっとした隙が命取りになることもあります。

そのため、目を開けている時間をなるべく長くするために、瞬きをあまりしなくても良いように進化したと言われています。なんと、眠っている時ですら目を開けているんですから、すごいですよね。

うさぎの目は光に対する感度が素晴らしく、人間の8倍もあるそうです。

先祖が穴の中で暮らしていたため、薄暗い場所でも見える目になっているのです。

鼻の特徴

うさぎの顔を見ていると、頻繁に鼻を動かしているのが気になります。

なんと、1分間に20~120回も動いているそうです。

ただ、くつろいでいる時や眠っている時には動きが鈍くなります。

ごはんの匂いがしたり、警戒している時などに、動きが激しくなります。

うさぎはとても鼻が良くて、嗅覚は人間の10倍もあります。

飼い主が外で他の動物を抱っこしたりすると、うさぎにはすぐバレてしまいます。

ヤキモチを妬いて、不機嫌になってしまうこともありますよ。

口の特徴

うさぎの上唇は、大きく割れています。

この部分がとても可愛くて、ついつい見入ってしまいますね。

口の中には一生伸び続ける歯があります。このような歯を「常生歯」と呼びます。

牧草などの硬い物を齧ることで、適度な長さに維持する事が出来ます。

大きな2本の前歯が印象的ですが、実は上の歯の後ろにも小さい2本の歯があるんですよ。

上下合わせると、前歯は全部で6本です。

臼歯は22本あります。

四肢の特徴

うさぎの後ろ足には、強烈なキック力があります。

敵から逃げるために力強く走り続けなければいけないので、筋肉が発達しています。

短い前足は、穴を掘る作業に適しています。

爪は前足が5本、後ろ足が4本です。

犬や猫のような肉球は無く、その代わりに毛が生えています。

飼育下では、ケージの床材が固かったり運動不足のせいで、足裏に炎症が起きてしまう場合があります。

これはソアホックと呼ばれ、うさぎを飼っている人の間ではとても有名な病気です。

被毛の特徴

うさぎの被毛は、上下2層に分かれています。

下側の毛をアンダーコートと呼び、表面側の毛をガードコートと呼びます。

年に4回の換毛期があり、特に抜け毛が多いのが夏と冬の前です。

メスのうさぎは、出産前に巣材として自分の毛を利用したりします。

うさぎの可愛いところ

うさぎは何をしても可愛いのですが、特に可愛いと評判の仕草などを紹介しますね。

  • リラックスして寝そべっている姿
  • オヤツのおねだりで、立ち上がって前足を合せる仕草
  • 撫でられている時の、気持ち良さそうな表情
  • 毛づくろい中に、耳を両手で持つ仕草。

最後に

うさぎの体の特徴と魅力的な仕種について紹介しましたが、いかがでしたか?

うさぎの体って、どの部分を見ても全部可愛らしいですよね。

でもそれは、生き抜くために進化した結果であり、逞しさも感じますね。

うさぎの長くて大きな耳は、集音だけでなく体温調節の役割もあります。

目は光に対しての感度に優れ、視界の広さが自慢です。

敵から逃げるため、骨は軽量化されて取りに近い状態にまでなっているそうです。

色々な特徴を知れば知る程、「うさぎってすごいな」と感心せずにはいられませんね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる