被毛が薄い猫、ミンスキン。ミンスキンの特徴や性格について。

ミンスキンという名前の猫をご存知でしょうか?

まだ日本にはブリーダーがいないとのことで、大変レアな猫なんです。

海外から取り寄せるしかないのが現状ですが、とても愛くるしい外見をしているんですよ。

*このネコちゃんの写真はミンスキンではありません。

ミンスキンは全身の被毛が非常に薄いのが特徴です。

また、足が短くダックスフントのようなイメージです。

ここでは、ミンスキンの特徴や性格をご紹介します。

目次

ミンスキンにはどんな歴史があるの?

新しい品種であるミンスキンは、1998年にアメリカのマサチューセッツ州で作り始められました。

足の短いマンチカンと、薄い被毛のスフィンクスのほか、デボンレックスやバーミーズも加わり交配されました。

そして、2000年7月に現在のミンスキンが誕生したのです。

名前の由来は、ミニチュアのMINIと、皮膚のSKINが合わさったということです。

ミンスキンには、どんな特徴があるの?

最大の特徴は、被毛の薄さにあります。

被毛のタイプによって、ヘアレス、ファーポインツ、フリーコーテドの3種類に分かれます。

ファーポイントでは、顔・耳・足・尻尾だけに被毛が現れます。

フリーコーテドは全身に被毛が生えていますが、フサフサではなくてまばらに生えているという感じです。

毛が薄いので、撫でると温もりを感じます。

頭は丸くて、耳がとても大きいのも特徴です。

ミンスキンは、どんな性格をしているの?

社交的

社交的なので同居の人間や動物とも上手くやっていけるでしょう。

マンチカン性格を受け継いでおり、穏やかで優しい性格をしています。

頭が良い

ミンスキンは頭の良い猫です。

高い所に行くのが苦手ですが、頭を使って上手に上っていきます。

活発

ミンスキンはとても活発で、よく動き回ります。

ラジコンカーに例えられることもある程です。

ミンスキンは、日本で売られていないの?

日本国内では、まだブリーダーがいません。

販売されていないので、海外から取り寄せることになります。

値段も不明なのですが、似たような状況である「バンビーノ」という猫種の情報が参考になりそうです。

バンビーノの場合は、アメリカから取り寄せた場合に40万円くらいかかるそうです。

ミンスキンの場合も、同じくらいだと言われています。

最後に

日本では珍しい猫種の、ミンスキン。

その特徴や性格についてご紹介いたしましたが、いかがでしたか?

頭が良くて優しく、家族や動物たちと仲良く出来る猫です。

お子さんがいる家庭でも上手くやっていけますよ。

海外から入手するしかなく、価格も不明です。

ミンスキンを飼いたいと思ったら、しっかり確認する必要があるでしょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる