垂れ耳のウサギ、ロップイヤーの特徴や種類、飼育のポイントについて。

ウサギと聞いて思い浮かべるのは、長くピンと立った耳ではないでしょうか?

でもウサギの中には、垂れた耳の種類もいるんですよ。

そのようなウサギは、まとめて「ロップイヤー(垂れ耳)」と呼ばれています。

頭全体が丸っこく見え、なんとも愛嬌のある外見をしています。

ここではロップイヤーと呼ばれるウサギにはどんな種類があるのか、特徴や飼育のポイントについて紹介していきます。

目次

ロップイヤーのウサギって、どんな特徴があるの?

ロップイヤーの特徴は、次の二つです。

  • 垂れさがった大きな耳
  • 鼻が潰れたようになっている

床に付くほど垂れた耳が可愛らしく、日本ではネザーランドドワーフと並んで大人気!

そのため、ウサギを扱うショップでは見かける事が多いです。

子どもの時には耳が垂れていなくても、大人になると垂れる場合もあります。

ロップイヤーには、どんな種類があるの?

垂れ耳のウサギをロップイヤーと呼んでいるだけで、これは品種名ではありません。

耳が垂れているウサギには、たくさんの品種があるんですよ。

大きさや色も様々なので、自分の好みのロップイヤーを探すと良いでしょう。

それではロップイヤーと呼ばれるウサギには、どんな種類があるのか紹介していきますね。

イングリッシュロップ

とっても耳が大きくて長いウサギです。

ラビットショーでは、最低でも54cmの長さが無ければいけないそうです。

耳の幅は、長さの4分の1くらいあります。

平均体重は4~5kgで、大型に分類されています。

カラーバリエーションは50色以上公認されており、個性豊かです。

日本では手に入りにくいカラーもあったりします。

性格は甘えん坊で大人しく、頭が良いので飼育しやすいと言われています。

フレンチロップ

バタフライラビットとイングリッシュロップから作られた、体の大きなウサギです。

体重はなんと5~7kgくらいあります。

私も何度か見た事がありますが、我が家の猫達よりもずっと大きいです。

かなり存在感があるウサギです。

犬用の大きなケージを用意してあげましょう。

性格的には穏やかで人に懐きやすいですが、オシッコをそこら辺にしてしまう傾向があります。

トイレを教えるのは困難だと思った方が良さそうです。

大型種なので運動スペースを広く設けたり、飼い主が積極的に遊ばせてあげましょう。

ホーランドロップ

ネザーランドドワーフとフレンチロップを交配させて作られました。

丸味のある体に垂れた耳が可愛らしく毛色が豊富、ロップ種では最小品種となります。

そのため、ミニロップとも呼ばれています。

頭には帯状に毛が盛り上がっており、これは「クラウン」と呼ばれています。

クラウンはウサギショーにおいて、評価を決めるポイントにもなっています。

ホーランドロップの性格は人懐っこくて好奇心が旺盛ですが、その反面寂しがり屋です。

飼い主さんと一緒にいるのが好きで、ついて歩く子もいるようです。

ウサギとの時間をたくさんとれる人におすすめです。

アメリカンファジーロップ

「アメファジ」の相性で呼ばれることも多く、とても人気がある品種です。

元になっているファジーホーランドという品種は、長毛のアンゴラウサギの血が混ざっているので、アメリカンファジーロップもその特徴を受け継いで長毛です。

ふわふわとした長毛は、柔らか過ぎずちょっと粗いくらいが良いとされています。

丸くて小さい体に潰れたような顔が可愛らしく、体重は1.3~1.8kgしかありません。

ロップ系では最小クラスの品種と言えるでしょう。

好奇心旺盛で活発ですが、知らない人に対しては警戒します。

ライオンロップ

まるでライオンのような飾り毛が特徴で、この名前が付けられました。

ベルギーで誕生した、まだ新しい品種です。

ライオンラビットという品種の、垂れ耳バージョンがライオンロップです。

まだ品種として不安定で、個体差が大きい傾向にあります。

体重のバラつきもあり、1kgくらいの小柄な子もいれば、2~3kgまで成長する子もいます。

飼育のポイント

耳掃除をしよう

大きく垂れた耳の中は、自分で掃除をする事が出来ません。

ロップイヤーは耳の中に熱がこもりやすく、湿気も溜まるため汚れやすいです。

そのため、耳の病気に掛りやすい傾向にあります。

高温多湿の環境はダニにも好まれます。

時々耳の中に異常が無いか見て、気になる事があったら動物病院を受診しましょう。

ブラッシングをしよう

グルーミングで飲みこんだ毛は、吐き出す事が出来ません。

そのため、ブラッシングを定期的に行う必要があります。

週に1回はブラッシングをしてあげてください。

換毛期には、毎日行うようにしましょう。

お風呂に入れる必要はありません。

自分で毛づくろいをするので、体は清潔に保たれているはずです。

お風呂に入れて体が濡れることで体温が低下し、体調を崩す原因にもなります。

ですが、自分で毛づくろいが出来ない状態だったり、皮膚トラブルや酷い汚れなど、洗う必要がある場合もあるでしょう。

そういう時は、掛りつけの獣医師に相談することをおすすめします。

温度調節をしよう

垂れ耳のウサギは、体温調節が上手に出来ません。

夏は体温を放出しにくいので、熱中症になりやすいです。

冬も暖房器具を使うなどして、ウサギのいる場所が冷えすぎないようにしましょう。

適切な飼育スペースを

ロップイヤーには色々な品種があり、体の大きさも様々です。

小さな品種なら狭い部屋でも飼育できますが、大きな品種だと運動スペースをしっかり確保してあげる必要があります。

運動不足はストレスの原因になります。

ストレスから病気になったりもしますので、飼育スペースについてはしっかり考えましょう。

どのロップイヤーを選ぶか迷ったら、どれくらいのスペースを確保出来るか考えてみると良いでしょう。

最後に

ロップイヤーの特徴と種類、飼育のポイントについて紹介しましたがいかがでしたか?

大きくて垂れさがった耳が可愛らしく、大人気のロップイヤー。

耳が大きいため、耳の病気に注意する必要があります。

ブラッシングも定期的に行いましょう。

ペット用に改良されているので、ロップイヤーの品種は温和で懐きやすい傾向にあるようです。

ウサギとの触れ合いを楽しみたい人におすすめです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる