強面で筋肉質な犬、ボクサー犬。その特徴や性格について。

強そうな顔と筋肉質な体が特徴のボクサーは、見るからに怖そうです。

近づくのをためらってしまいますよね。

でも、ペットとしての人気は高く、世界中で愛されている犬種なんですよ。

8039fd9411aa6b24e189604769fa7394_s_092719_111147_AM

ボクサーの魅力って何なのでしょうか?

今回は、ボクサーの特徴や性格をご紹介していきます。

目次

ボクサーって、どんな犬なの?

ボクサーの原産国はドイツです。

黒い顔にはしわが寄り、体は筋肉隆々でガッチリしています。

アメリカでも大人気の犬種です。

ボクサーには、ドイツタイプとアメリカタイプがいて、日本で飼育されているのは殆どアメリカタイプです。

ボクサーの体の特徴は?

  • 体高 ・・・ オス57~63cm、雌53~59cm。
  • 体重・・・25~30kg

筋肉質で逞しい体つきが特徴です。

短毛で艶のある被毛をしており、色はフォーリンとブリンドルです。

顔には黒い班があり、これはブラックマスクと呼ばれています。

ドイツタイプは、猟犬として熊や猪を相手に活躍して来ました。とてもタフな犬です。

アメリカタイプは、ドイツタイプに比べてスマートな印象です。

ボクサーって、どんな性格なの?

見た目が怖いボクサーですが、実は甘えん坊な一面もあります。

忍耐強くて飼い主に忠実なので、番犬として活躍してくれるでしょう。

大変頭の良い犬種で、周囲の様子を見て自分の行動を考える事が出来ます。

陽気な性格で好奇心が旺盛なので、飼い主と一緒に遊ぶのが大好きな甘えん坊です。

ただし、しっかりとしつけをしないと危険もあります。

特に小さなお子さんがいる家庭では、しつけは重要ですよ。

頭が良いので、しつけは難しいことではないでしょう。

すぐに覚えてくれますが、納得できないと反発してくることも!

信頼関係をきちんと築いていきましょう。

甘やかし過ぎず、厳しすぎず、上手に付き合っていく必要がありますよ。

しつける時には怒ってばかりは良くありません。

褒めながら育てる姿勢でやっていきましょう。

運動不足に注意しよう

筋肉の多いボクサーですから、毎日の運動は必須です。

1日2時間くらい散歩すると良いでしょう。自転車で一緒に走ってあげると喜びますよ。

ストレスが溜まると、言う事を聞かなくなったり異常行動が見られるようになります。

運動は必ずさせてあげてくださいね。

最後に

ガッチリした体格と黒くて怖そうな顔をしているボクサーですが、飼い主に忠実で甘えん坊な一面があります。

明るく好奇心旺盛な性格は、一緒に暮らしていてとても楽しいものです。

ただ、しつけをきちんとしないと、大人になってから手に負えなくなってしまいますよ。

自分で出来ない場合は、しつけ教室に相談して必ずしつけをするようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる