小さなアメリカ紳士、ボストンテリア。ボストンテリアの特徴や性格について。

その毛色からタキシードを着ているように見える「ボストンテリア」は、小さなアメリカ紳士と呼ばれることもあります。

ちょっと「のらくろ」にも似ている外見は、愛嬌がありペットとして人気の犬種です。

80fbc850f16a325f8b505cda06dc88ce_s_100819_101842_AM

小型犬なのでマンションでも飼育しやすく、フレンドリーな性格は子供がいる家庭にも向いています。

それでは、愛玩犬として人気のボストンテリアについて、特徴や性格をご紹介いたします。

目次

ボストンテリアの歴史

アメリカのボストン発祥の、ボストンテリア。

アメリカ原産の犬種としては、3番目に古い歴史を持ちます。

1870年に、ボストンで交配が始まりました。

改良が進む中で、ピットブル、ブルドッグ、ボクサー、ブルテリアなどの血を引いたボストンテリアは、どんどん人気が高まりました。

そして1889年になると、愛好家によるアメリカンブルテリアクラブが誕生しました。

ですがこの時すでに「ブルテリア」という犬種がいたので、1891年にボストンテリアと名付けました。

1893年にはアメリカンケンネルクラブに登録され、益々人気が高まりました。

現在では、アメリカを代表する犬種となっています。

ボストンテリアの体の特徴は?

体重・・・7~9kg、体高・・・28~38cm

短い毛のスムースコートで、胸元と目の間、マズルが白いのが特徴です。

この模様がタキシードを着ているように見えることから、「小さなアメリカ紳士」とも呼ばれます。

外見はフレンチブルドッグに似ていますが、比べて見ると耳の形やマズル、顔の形が違っています。

小型犬ですがガッチリした印象です。フレンチブルドッグよりも、スリムで引き締まっています。

ボストンテリアの性格は?

温厚で明るい性格

温厚で愛情深く、子供がいる家庭でも問題なく暮らせます。

遊ぶのが大好きなので、子供と一緒に遊んでくれることでしょう。

無駄吠えが少ない

気難しい印象のあるテリア系の犬ですが、ボストンテリアは無駄吠えをしないことで知られています。

散歩中に他の犬に攻撃的になることは少ないです。

頭が良い

ボストンテリアは賢いので、しつけをしやすいでしょう。

叱ってしつけるのではなく、良い事をした時に思いっきり褒めてあげましょう。

寂しがり屋

飼い主と一緒にいることが大好きで、構ってもらえると喜びます。

時間がある時には、一緒に遊んであげましょう。

最後に

ボストンテリアは、温厚な性格と愛くるしい外見から、ペットとして大人気の犬種です。

子供にも優しく接してくれるので、小さな子供がいる家庭でも安心してお迎え出来ますよ。

賢くてしつけもしやすく、初めて犬を飼う人におすすめの犬種です。

繊細な面もあり、飼い主の気持ちを感じ取ります。

愛情を持って接していれば、きっと良い信頼関係が築けることでしょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる