MENU

花のカーペット!グランドカバーにおすすめの植物について。

  • URLをコピーしました!

グランドカバーというのは、地面を這うように広がる植物です。

そのため庭のちょっとした隙間を埋めたり、雑草避けに利用したりもされます。

グランドカバーに使われる植物はたくさんありますが、今回紹介するのは花が咲くタイプです。

上手に取り入れて、お庭をお花でいっぱいにしてみませんか?

それではグランドカバーの説明と、おすすめの植物の紹介をしていきます。

目次

グランドカバーって、どんな植物なの?

グランドカバーというのは特定の植物の名前ではなく、地面を覆うことを目的に植える植物を指します。

一般的に、匍匐性で横に広がるように生長するタイプの植物のことを言います。

グランドカバーには、次のようなメリットがあります。

雑草を防ぐ

完全に雑草が生えるのを防ぐのは難しいですが、地面をむき出しにさせておくより管理が楽になります。

気温が上がると、雑草はあっという間に伸びて大変な状態になりますよね。

気付いたら人が通れない状態になっていることも、珍しくありません。

そうなる前にグランドカバーで地面を覆っておけば、雑草が生えにくくなります。

泥が飛び散らない

剥き出しの地面は、雨が降ると泥だらけになってしまいます。

乾燥して風が強い日には、砂が舞ったりもします。

でもグランドカバーがあれば、泥はねや砂埃を防ぐことが出来ますよ。

雨の日でも、靴が汚れる心配が軽減されるでしょう。

見栄えが良くなる

庭に出来たちょっとした隙間も、グランドカバーを植えればグリーンでお洒落に演出出来ます。

グランドカバーに使える植物は何種類もあるので、複数の種類を組み合わせてみるとお洒落な雰囲気になります。

一年草を植え込んでみるのも楽しいでしょう。

花壇などの縁取りが出来る

地面を覆う以外の使い方も出来ます。

例えば花壇の縁取りに使うことで、囲っている石や煉瓦との境を自然な感じにしてくれます。

また、ハンギングや寄せ植えの縁取りにしてもお洒落ですよ。

どんな植物をグランドカバーにすれば良いの?

グランドカバーとして植える植物を選ぶ時には、植える環境を考慮しましょう。

どんな場所に植えるかによって、選ぶ植物が変わってきます。

例えば日陰に植えるのであれば、日陰でもちゃんと育つ植物を選ばなくてはなりません。

生育環境が適切でないと、せっかく植えても元気に育ってくれないでしょう。

また、どれくらい増やしたいかというのも、大切な要素です。

広い敷地を埋めたいのでしたら、地下茎でも増えるミントなどのハーブが良いかも知れません。

ミントは丈夫で増えやすいので、グランドカバーにすすめている人もいますが、私はあまりおすすめしません。

なぜなら生長速度が早過ぎて、手入れが追い付かないからです。

雑草を防ぐために植えた植物なのに、逆にグランドカバー悩まされることになってしまいます。

限られたスペースの中だけにしたい場合は、地下茎で増える植物を選ばないようにしましょう。

花が咲くグランドカバーでおすすめの種類

グランドカバーに適した植物には、花を楽しめるタイプもたくさんありますよ。

お花が好きな人なら、是非花が咲くグランドカバーに挑戦してみてください。

それでは、代表的な種類を紹介していきます。

タピアン

丸っこくて可愛らしい花がたくさん咲くので、花期には庭に花のカーペットが広がります。

ハッキリとた花色とグリーンのコントラストも見事で、人気のグランドカバーです。

生長スピードが雑草よりも速いので、雑草防止効果が高いのも魅力です。

植えた後は、特に手入れをしなくても大丈夫です。

とても丈夫なので、病害虫による被害は殆どありません。

アシュガ

耐寒性にも耐暑性にも優れた、育てやすい植物です。

ランナーで増えるタイプで、日当たりが悪くてもどんどん広がっていきます。

葉っぱは匍匐性で、チョコレート色や班入りなどのタイプも誕生しています。

花の時期になると、花茎がたくさん上がって来て白や紫の小さい花を咲かせます。

ベロニカ・オックスフォードブルー

ゴマノハグサ科の植物で、美しいブルーの花が印象的です。

地面を這いながら生長し、5月頃に小さな花をびっしりと咲かせます。

丈夫な植物なので、とくに管理しなくても増えていきます。

多肉植物

多肉植物と言っても色々ありますが、グランドカバーに適しているのは耐寒性がある種類です。

セダムは葉っぱも可愛らしく、花期には鮮やかに地面を彩ってくれますよ。

いくつかの品種を混ぜて植えると、変化を楽しめます。

クローバー

公園などでよく見掛けるクローバー。

一般的にはシロツメクサを指すようですが、意外と色んな種類があるんですよ。

3枚の小さい葉っぱが特徴で、たまに4つ葉もありますよね。

幸せのシンボルとして、愛され続けている植物です。

シロツメクサは、花期になると白い花をたくさん咲かせます。

とても丈夫で、踏みつけにも強いです。

ツルニチニチソウ

爽やかな薄紫の花を咲かせる植物で、ツル状の茎を伸ばして広がります。

花期は3~5月で、半日陰のグランドカバーにも向いています。

強健種なので、放っておいても増えていきます。

サイズが半分くらいしかない、ヒメツルニチニチソウという種類もあります。

こちらも丈夫で手間が掛らず、おすすめです。

シバザクラ

お花のカーペットの代名詞とも言える、シバザクラ。

桜が終わる頃に花期を迎え、広範囲をピンク色に染めます。

白や薄紫などの花色もあり、色んな色を植えると見ごたえがあります。

日当りの良い場所に植えておけば、簡単に増えていきます。

ヒメツルソバ

まるで金平糖のような、とても可愛らしい花を無数にポンポンと咲かせます。

私も庭に植えていますが、生長が速くて丈夫なので放っておいても増えていきます。

根はそれほど深くないので、増え過ぎても取り除きやすいです。

冬には枯れたように見えますが、春になるとまた葉っぱが増えてきます。

最後に

グランドカバーにおすすめの植物の中から、花を楽しめるタイプを紹介しました。

庭にグランドカバーを植えておくと、雑草を防ぐ効果が期待出来ます。

他にも花壇の縁取りにしたり、砂埃や泥はねを防いだりと、メリットが色々あります。

ただ、選ぶ植物を間違えると、増え過ぎて大変な事になるので気を付けてくださいね。

特に地下茎で増える植物は、取り返しがつかなくなるので避けましょう。

今回紹介したのは、どれも丈夫な種類です。

是非参考にしてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる