MENU

元気いっぱいのビタミンカラー!オレンジ色のバラの品種と花言葉について。

  • URLをコピーしました!

見ているだけで元気になれそうな、ビタミンカラーが魅力のオレンジ色のバラ。

情熱的な赤にちょっと黄色が入るだけで、とてもチャーミングな印象になりますね。

そんなオレンジ色のバラには、たくさんの品種がありますよ。

初心者さんも安心して育てられるような、強健種も存在しています。

元気いっぱいのオレンジ色のバラには、素敵な花言葉もありますよ。

今回は、オレンジ色のバラでおすすめの品種と、花言葉を紹介していきます。

目次

オレンジ色のバラについて

オレンジ色のバラは、実はそれほど歴史がありません。

3500万年前から続いていると言われているバラの歴史。

そんなに長いバラの歴史の中で、オレンジ色のバラが出て来たのは、ほんの100年くらい前だそうです。

元気で可愛らしく、健康的でポジティブな印象の花色は、あっという間に人気が高まりました。

その後も品種改良が続き、現在ではかなりの数のオレンジ色のバラが存在しています。

おすすめの品種1 アシュラム

ハイブリッド・ティーで、樹高は110cmくらいです。

大輪の丸弁高芯咲きで、はっきりとしたオレンジ色の花を咲かせます。

コンパクトな樹形なので、鉢植えにも向いていますよ。

四季咲き性で花付きが良く、切り花にもおすすめです。

耐病性はありますが普通より強い程度です。

念のために薬剤散布をしておくと良いでしょう。

おすすめの品種2 アナシュカ

フロリバンダの系統で、朱色が入った明るいオレンジ色をしています。

波状弁平咲きでウェーブが掛かった花弁が可愛らしいです。

房状にたくさんの花を咲かせます。

残念ながら、香りはほとんどありません。

耐病性が普通~弱めなので、月に3~4回くらい薬剤散布をしましょう。

四季咲き性なので、長く花を楽しめます。

樹高は90cm程度で、鉢植えも可能です。

おすすめの品種3 アンバークイーン

琥珀の女王という品種名の通りとても美しい色合いです。

フロリバンダの系統で、花付きも花持ちが良く香りも強めです。

丸弁平咲きで、花の縁がフリルのようになっています。

咲き進むにつれ、だんだん黄色みが強まります。

四季咲き性で房状に咲くので、花をタップリ楽しむことが出来ますよ。

美しい照り葉も魅力的ですが、茂らせすぎると風通しが悪くなり病気のリスクが高まります。

耐病性は普通程度なので、念のために月に1回の薬剤散布をしておくと安心です。

おすすめの品種4 キズナ

フロリバンダの系統で、フルーツの強香が魅力的なバラです。

オレンジにアプリコットが混ざった、チャーミングな色合いです。

四季咲き性なので、長く花を楽しみたい人におすすめです。

耐病性は、うどんこ病には強めですが黒星病には普通程度なので、薬剤散布をしておくと安心でしょう。

コンパクトな樹形なので、鉢植えにするのも良いでしょう。

おすすめの品種5 ディズニーランド・ローズ

フロリバンダの系統で、ウォルトディズニー社公認のバラです。

日本のディズニーランドだけでなく、アメリカのディズニーランドパークでも見られますよ。

初心者さんには難しい品種かも知れませんが、ディズニーランド好きな人なら育ててみたくなりますよね。

花色は、オレンジに少しピンクが混ざっている感じです。

花付きと花持ちがとても良く、房状にたくさん咲くので見応え抜群です。

耐病性があまり強くなく、うどんこ病には普通程度ですが黒星病にはかなり弱いです。

薬剤散布をしないと、病気にやられてしまうでしょう。

香りはほとんどありません。

おすすめの品種6 パット・オースチン

鮮やかなオレンジの花色で、ティー系の爽やかな香りが強い品種です。

うどんこ病にも黒星病にも強めですが、念のために薬剤散布をしておくと安心でしょう。

8cmくらいのカップ咲きで、四季咲き性なので長く花を楽しめます。

樹勢が強く、誘引してコンパクトなつるバラのように仕立てることも出来ます。

おすすめの品種7 ふれ太鼓

黄色やオレンジ、赤色の花が混ざり合い、美しいグラデーションが楽しめる品種です。

つるバラの仲間で、枝がよく伸びます。

花付きが良いので、フェンスや壁面に誘引すれば、見事なオレンジの壁が出来上がります。

うどんこ病にも黒星病にもかなり強く、薬剤は必要ないでしょう。

育てやすくて初心者さんにもおすすめです。

ただ、香りはほとんどありません。

おすすめの品種8 インパラ・コルダナ

私も育てているミニバラですが、ミニバラの割に花が大きいんです。

しかも、ミニバラにしては香りも強めなんですよ。

オレンジ色の花が咲き、次第に優しいアプリコットからサーモンピンクに変化していきます。

コンパクトなので鉢植えにして、手軽に楽しむことが出来ます。

丈夫で、育てやすい品種です。

オレンジ色のバラの花言葉について

オレンジ色のバラには、いくつもの花言葉があります。

どれも良い意味ばかりで、贈り物にピッタリの花なんですよ。

オレンジという花色から、「情熱」や「熱望」といった熱い気持ちを表す花言葉もあります。

何かに挑戦している人や、やり遂げた人、これから新しい道に進む人など、様々な人に贈れる花です。

「絆」という花言葉もあるので、友達や家族にプレゼントしても良いですね。

遠くへ引っ越してしまう友達への贈り物にもピッタリでしょう。

他にも、「幸多かれ」、「無邪気」という花言葉もあります。

このことから出産祝いにも、オレンジ色のバラを贈ることがあるそうです。

こんなにたくさんの良い花言葉を持っているのを知ると、自分の庭でも育てたくなりますね。

最後に

オレンジ色のバラについて、おすすめの品種と花言葉を紹介しましたがいかがでしたか?

おすすめの品種の中には若干管理が難しいものも入っていますが、見た目が可愛いので慣れて来たら是非挑戦してみてくださいね。

オレンジ色のバラというのは、ほんの100年くらい前に作られた新しいバラです。

100年というと随分昔に感じますが、バラ自体の歴史が3500万年なのでつい最近のようにも思えますね。

見ているだけで元気が出て来るオレンジ色のバラは、花言葉も明るくて素敵なものばかり。

贈り物として選ぶ人も多いようです。

次々と新しい品種が誕生していて、今回紹介したのはほんの一部だけです。

お店に行って実際に見ながら選んでみるのも楽しいですよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる