MENU

のんびりマイペースなカタツムリに癒されよう!カタツムリの飼い方について。

背中に乗せた貝が可愛らしく、子供のアイドル的存在のカタツムリ。

自分の子供が捕まえてきて、「飼いたい」と言われて困ったこともあるのでは?

99ebffade98e7f962e56fa133da06748_s_021320_101045_AM

そんな時、カタツムリが何を食べるのか、どういう環境で暮らしているのかを知っていれば、買う事が出来ますよ。

ここでは、カタツムリの飼い方についてお話をしていきます。

目次

飼育に必要な道具って、何?

カタツムリの飼育には、特別なものは必要ありません。

どこにでも手に入るものばかりなので、飼育道具を集めるのが簡単です。

飼育ケース

昆虫ケースや水槽、瓶など。

壁面を登って脱走するので、フタがあるものにしましょう。

密閉するのではなく、空気は通るようにしましょう。

網やガーゼで覆うのも良いですね。

使う土は、あらかじめ日光で殺菌しておきましょう。

園芸店で売っている、腐葉土や赤玉土でOKです。

カタツムリは土に卵を産むので、用意してあげてくださいね。

小石や枝などのレイアウト

小石や枝なども適当に配置し、坂道やくぐれる場所などを作ると、色々と移動するカタツムリを見る事が出来て、楽しいですよ。

霧吹き

カタツムリは湿り気が好きなので、1日2回くらい霧吹きをしましょう。

カルキ抜きした水を使いますが、カタツムリに直接かけないように。

また、カビの予防のためにも、水のかけすぎに気を付けてくださいね。

カタツムリって、何を食べるの?

カタツムリのエサには、野菜と炭酸カルシウムを与えましょう。

野菜は、キャベツやレタス、白菜、小松菜などが好きです。

カタツムリにも好みがあるようなので、自分の家のカタツムリが何を好きなのか探るのも楽しいですよ。

炭酸カルシウムは、背中の殻の栄養として重要な栄養素です。

貝や卵の殻、ボレー粉などを与えれば良いでしょう。

丈夫な歯があるので、かみ砕くことが出来ます。

寄生虫がいる場合も!

カタツムリには、人間に害となる寄生虫がいる場合があります。

触った後は、しっかりと手を洗うようにしましょう。

最後に

カタツムリの飼育方法について紹介しましたが、いかがでしたか?

カタツムリを飼うための道具は、どれも簡単に入手出来るものばかり。

エサも身近なものでOKなので、手軽に飼育を始める事が出来ます。

ケース内に枝や小石をレイアウトして、オリジナリティのある飼育ケースを作るのも楽しいですよ。

カタツムリには寄生虫がいる場合があるので、触った後は必ず手を洗うようにしましょうね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる