MENU

クラゲの美しさを堪能出来る水族館!新江ノ島水族館について。

新江ノ島水族館は、湘南を代表するレジャー施設として大人気です。

カップルやファミリー客ばかりでなく、一人でゆっくり癒しの時間を過ごすのにもピッタリ。

新江ノ島水族館の特徴と言えば、やはり「クラゲ」でしょう。

d3284f837632437b91f94c0a79b4cc94_s_012020_105955_PM

クラゲの展示方法が素晴らしく、クラゲファンじゃなくてもうっとり見惚れてしまうほど。

それでは、新江ノ島水族館について紹介いたします。

目次

新江ノ島水族館って、どんな所?

1954年開業の、歴史ある水族館です。

日本で初めて、暖かい海と冷たい海に住む魚の「周年展示」を成功させた水族館です。

近代水族館第一号として、全国的にも有名な水族館なんですよ。

「わくわくドキドキ冒険水族館」というコンセプトを掲げており、楽しみながら展示を見て回れるようになっています。

水槽の横に魚のイラストがありますが、これは飼育員さんが描いたものです。

説明も面白く、子どもも大人も好奇心をくすぐられます。

料金は、大人2,400円、高校生1,500円、小中学生1,000円、幼児(3歳以上)600円です。

割引やパスポートもあるので、サイトで確認してみてくださいね。

新江ノ島水族館の、展示の見どころは?

新江ノ島水族館ならではの、展示の見どころについて書いていきますね。

波の迫力を感じる、相模湾大水槽

最初に見る水槽では、波が押し寄せる様子を見ることが出来ます。

これには、子供だけでなく大人もビックリ!

私が行った時にも「すごーい!」という声が、アチコチから聞えていました。

シラスサイエンスで、シラスの成長を知ろう

湘南といえばシラスが特産品です。

新江ノ島水族館のシラスの常設展示は、2014年からスタートしました。

なんと、世界で初めてなんですよ!

シラスが成長していく様子を学ぶことが出来ます。

深海の世界「深海I~JAMSTECとの共同研究~」

水深200mより深い、光が届かない深海の様子を見ることが出来ます。

深海の研究などを公開しており、大変興味深いエリアとなっています。

癒しの空間、クラゲファンタジーホール

クラゲの飼育に力を入れ続けている、新江ノ島水族館ならではの展示ホールです。

クラゲが14種類展示されており、どれも美しくライトアップされ幻想的です。

クラゲプラネット(海月の惑星)という球形の水槽は、SNS映えしますよ。

太平洋エリア

種類豊富な魚たちが展示されています。

カラフルだったり、面白い姿だったり、魅力タップリです。

サメの水槽もありますよ。

イルカショースタジアム

江ノ島をバッグに展開されるイルカショーは、開放的で迫力満点!

富士山が見えることもありますよ。

タッチプールで触れ合える

海の生き物に触れる、タッチプールも人気です。

ナマコやヒトデ、サメなど、子供も安心して触れますよ。

最後に

新江ノ島水族館について紹介いたしましたが、いかがでしたか?

幻想的なクラゲたちや、迫力ある波の再現など、オリジナリティある展示が魅力です。

また、江ノ島をバッグに見るイルカショーも最高ですよ。

デートスポットとしても人気で、たくさんのカップルが訪れています。

館内にある「オーシャンカフェ」では、水族館らしさを感じるグルメも色々楽しめます。

まだ行ったことがなければ、是非一度行ってみてくださいね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる