MENU

コーギーとのミックス犬、人気の10種について。

愛嬌のある体型と、明るく好奇心旺盛な性格が魅力のコーギー。

そんなコーギーとのミックス犬には、たくさんの種類があるんですよ。

コーギーは好きだけど、他の犬種にも興味があるという人は、どちらの要素も受け継いでいるミックス犬はいかがでしょうか?

ここでは、たくさんの種類の中から特に人気の10種を紹介したいと思います。

目次

コーギーってどんな犬なの?

コーギーのミックス犬を紹介する前に、コーギーの特徴を簡単に紹介しますね。

コーギーの特徴

体の特徴

体重9~12kg、体高25~30cm

毛色は、レッド、セーブル、フォーン、ブラック&タンの4種類。

胴長短足で大きな頭に大きな耳が印象的。

尻尾は、基本的に断尾されて短くなっている。

分厚いダブルコートで、抜け毛が多い。

性格の特徴

賢く好奇心旺盛で、明るい性格をしている。

オスは甘えん坊な傾向にある。

吠え癖や噛み癖が出やすいので、子犬の頃からのしつけが大切。

コーギーのミックス犬、10選。

チワーギー

コーギーとチワワのミックス犬です。

とても人気がある種類で、SNSでも写真を見かける事が多いです。

チワワは超小型犬で大きな瞳が特徴で、見た目がとても愛くるしいです。

その血を引いたチワーギーも、大人になって小柄で可愛らしい印象です。

値段は10~15万円くらいです。

性格は明るく友好的です。両親共に、飼い主に良く懐く性格をしているので、チワーギーも飼育しやすく初心者さんにもおすすめです。

甘えん坊で、飼い主さんと一緒にいたがります。

ポメコギ

コーギーとポメラニアンのミックス犬です。

ポメラニアンの特徴である、ふわふわした毛並みを受け継いでいます。

顔立ちは、ポメラニアンでもありコーギーでもあります。

小柄で飼い易いこともあり、人気の高いミックス犬です。

値段は10万円くらいです。

活発で警戒心が少なく、初めて会う人ともフレンドリーに接する傾向があります。

プーギー

コーギーとトイプードルのミックス犬です。

こちらも大人気の種類で、トイプードルらしい巻き毛が特徴です。

全体的に丸っこい印象で、ぬいぐるみのような可愛らしさがあります。

毛色が豊富なのも魅力です。

人懐っこい性格をしているので、飼育しやすいでしょう。

トイプードルの知能の高さを受け継いでいるので、しつけもしやすいです。

コーギー×ミニチュアダックスフント

決まった呼び方は無いようですが、ダックスコーギーと呼んでいる人もいるようです。

どちらの犬種も胴長短足が特徴ですので、ミックス犬も胴長短足になります。

耳は、立ち耳も垂れ耳も居ます。

ミニチュアダックスフントの好奇心旺盛な性格を受け継いでいて、結構負けず嫌いなところがあります。

その好奇心の強さからか、大型犬にも臆さず近寄っていきます。

コーギー×ミニチュアシュナウザー

こちらも、特に呼び方は無いようです。

まるでおじいさんのような顔をした、ミニチュアシュナウザー。

その特徴を受け継ぎ、口や眉の辺りに長い毛が生える傾向にあります。

顔の感じは、ミニチュアシュナウザーの特徴が強く出る事が多いです。

立ち耳も垂れ耳も居ます。

性格はコーギーの人懐っこさを受け継いでいて、飼い主に良く慣れるでしょう。

ミニチュアシュナウザーの愛情深い性格も受け継いでいます。

コーギー×パグ

ユニークな顔立ちが人気のパグと、コーギーのミックス犬です。

パグ特有の大きな瞳が受け継がれ、とてもチャーミングな顔立ちをしています。

鼻はコーギーに似ていて、長めになる傾向にあります。

パグの毛色は豊富なので、そのミックス犬もカラーバリエーションを楽しめます。

性格は明るく、パグの陽気な部分を受け継いでいます。

飼い主に従順で言う事を聞いてくれるので、しつけがしやすいでしょう。

コーギー×シーズー

コーギーとのミックス犬の中で、ファンが多いのがこちらの種類です。

顔はシーズーらしさが出ていて、体はコーギーに似て胴長短足になる傾向にあります。

コーギーとシーズー、どちらも好きだと言う人にはたまりませんね。

瞳は大きくまん丸で、とても可愛らしい顔つきをしています。

性格は、優しくて穏やかなタイプが多いようです。

飼い主さんと一緒に、リラックスして過ごす事が好きです。

初めて会う人にもフレンドリーなので、来客が多い家庭でも安心です。

コ―ギー×ビーグル

中型犬同士のミックス犬です。

毛色はビーグルに似て、黒と白と茶が合わさったような柄になります。

ビーグルらしい大きな垂れ耳になる事もありますが、立ち耳の場合もあります。

両親共に大人気の犬種なので、そのミックス犬も人気があります。

セラビー犬としても活躍しているビーグルの血を引くため、温和な性格になる事が多いです。

人懐っこくて表情豊かなので、初心者さんも飼い易いでしょう。

コ―ギー×柴犬

こちらも中型犬同士のミックス犬で、飼い易いと評判の種類です。

毛並みは柴犬のように茶色っぽくなり、体形はコーギーのように胴長短足になったりもします。

どちら寄りになるかは個体差があり、成長してみないと分からないのもミックス犬を育てる醍醐味ですね。

独立心が強い柴犬を親に持つので、ミックス犬も独立心が強くなる傾向にあります。

しっかりと信頼関係を築いてしつけをしていかないと、飼い主を見下す事もあります。

信頼出来る飼い主の言う事なら、よく聞いてくれます。

両親共に猟犬がルーツですから、たっぷりと運動をさせてあげてくださいね。

コーギー×ゴールデンレトリーバー

コーギーと大型犬とのミックス犬です。

ゴールデンレトリーバーの特徴が強く出る事が多く、優しい顔立ちと長い毛並みになる傾向があります。

コーギーのミックス犬ですが、胴長短足にならない場合も多いです。

とてもフレンドリーな性格で、知らない人に吠えかかったりしません。

そのため、番犬には向いていないでしょう。

飼い主に従順で忍耐強いです。

最後に

胴長短足で愛嬌たっぷりのコーギーとのミックス犬について、人気の10種を紹介しました。

中型犬であるコーギーは、小型犬や大型犬とのミックス犬も多いです。

たくさんの種類があり、チャウチャウやダルメシアンとの珍しいミックス犬も存在します。

ミックス犬全般に言えることですが、個体差が激しい事を理解しておく必要があります。

今回紹介した特徴は、あくまでも傾向です。

どちらの血を強く引くかで、成長した姿は変わってきます。

どんな風に成長しても、愛情深く接していける人におすすめします。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる